読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた

f:id:simple_life_design:20160929104630j:plain

2016年のセ・パ両リーグの優勝も決まり、注目はクライマックスシリーズですが、合わせて気になるのが個人タイトルです。

2016年の個人タイトルはどのチームのどの選手が獲得したのでしょうか?

クライマックスシリーズ・日本シリーズを楽しむ前に確認しておきましょう。

個人タイトル獲得者を並べてみると、2016年の傾向等についても考察できて面白いですよ。

 

※9/28現在の成績順位を表示させていますが、もし残り僅かな試合数で変動があった場合には、随時更新予定です。最終的な成績は全日程終了後に更新する予定です。

 

スポンサーリンク

 

 

 

セ・リーグ2016打撃部門

まずは、打撃部門です。

「首位打者」「本塁打」「打点」の3部門ですね。

それでは一つずついってみましょう。

 

首位打者

 

【巨人】坂本勇人選手

 

自身初のタイトル獲得ですね。

しかもセ・リーグ初の遊撃手首位打者の誕生になります!

 

年俸は1億円UPの3.5億円を予想します。

巨人のキャプテンという重圧を押しのけての首位打者ですから、相当に評価が高いと思いますし、今の巨人のMAX年俸額の選手(内海・4億円)を勘案しても十分にあり得る金額だと思います。

 

詳しいプロフィール・成績推移や年俸予想は以下も合わせてご確認下さい。

(参考)【巨人】坂本勇人が首位打者へ!打率成績の推移や年俸予想もしてみる

 


本塁打王

 

【横浜DeNA】 筒香嘉智選手

 

こちらも自身初の本塁打王の獲得です。

しかも横浜にとっては、左打者初のホームラン王誕生にもなるのだとか。

横浜といえば、ウッズ選手や村田修一選手などホームラン王を多く輩出しているチームの印象もありましたが、左打者というのは初めてなんですね。

 

年俸は0.8億円UPの1.8億円と予想します。

横浜における今年の最高年俸は1.5億円(ロペス選手)でして、そちらと比較した活躍ぶりを勘案しても、決してあり得ない数字ではないと思います。

次の項目にも記載していますが、今回は打点王との二冠達成ですしね。

 

詳しいプロフィール・成績推移や年俸予想は以下も合わせてご確認下さい。

(参考)【横浜】筒香嘉智がホームラン王へ!成績推移から年俸を大胆予想 

 


打点王

 

【横浜DeNA】 筒香嘉智選手

 

ホームラン王に続き、2冠の達成ですね。

こちらも初めてのタイトル獲得です。

初タイトルが2冠とは本当に素晴らしい活躍でしたね。

まさに日本の4番です!WBCでの活躍も楽しみです。

 

ちなみに、25歳以下のシーズンで「40本・100打点」を達成出来たのは、日本プロ野球史上、今回の筒香嘉智選手が7人目なんだとか。

あの松井秀喜選手でさえ、「40本・100打点」は26歳のときに達成しています。

これからの成長が益々楽しみな選手ですね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

セ・リーグ2016投手部門

続いて投手部門です。

「防御率」「最多勝」「セーブ数」の3部門ですね。

それでは、こちらも一つ一つ見てみましょう。

 

最優秀防御率

 

【巨人】菅野智之投手

 

2014年以来の2度目の獲得になります。

ただタイトルを獲得するだけの防御率を誇りながら、二桁勝利を挙げることが出来ておりません。

 

そう、菅野智之投手が投げるときに限って巨人は打てないんですよね。

選手たちも当然この事実を分かっていて、逆に意識して打てなくなるという悪循環に陥っているのだとか。。。

うーん、タイトル獲得は嬉しいでしょうけど、なんとも後味の悪い形になってしまいましたね。

クライマックスシリーズでは是非この悔しさをぶつけてほしいです。

打線もせめて菅野投手が投げるときは打ってくれ!

 

年俸は0.5億円UPの1.8億円を予想します。

成績と共に年俸も着実にUPさせてきておりますから、来季の活躍次第では2億円はもう間近でしょう。巨人の絶対的エースを不動のものとしつつありますね。

 

詳しいプロフィール・成績推移や年俸予想は以下も合わせてご確認下さい。

(参考)【巨人】菅野智之が最優秀防御率へ!成績推移から年俸を予想しよう

 

最多勝

 

【広島】野村祐輔投手

 

自身初のタイトル獲得になりますね。

最後まで同じチームのジョンソン投手と最多勝争いを繰り広げていました。

昨シーズンは5勝でしたから、今年は飛躍の年だったと言えるでしょう。

 

年俸も大幅UPが期待できます。

5200万円⇒8000万円と予想します。

他球団であれば1億円も視野に入ってくると思いますが、まだ若い選手ですし、広島の球団事情を勘案すると1億円の大台は来季以降かなと考えています。

 

セーブ王

 

【巨人】澤村拓一投手

 

こちらも自身初のタイトル獲得になります。

2015年から守護神を任せられるようになって、早2年での獲得ですから、成績だけみると立派でしょう。

 

ただ、内容が悪いんですよね。

ピンチを招いてギリギリのセーブとなったり、極めつけは大暴投事件もありました。

なんとすっぽ抜けたボールが相手ベンチの屋根まで飛んでいってしまったのです。

これは海外のメディアでも珍しい光景として話題になりました。

 

そういった意味では、年俸も大幅UPは見込めず来季以降の成長に期待して、現状維持の1億円と予想します。

 

詳細なプロフィール・成績推移や年俸予想については以下もご確認ください。大暴投事件についても触れていますので、是非ご確認いただけたらと思います。

(参考)【巨人】澤村拓一が最多セーブへ!成績推移から年俸を大胆予想 

 

まとめ

セ・リーグ2016年のタイトル獲得者は、巨人の菅野投手以外はすべて初めてのタイトル獲得となり、フレッシュな顔ぶれが目立つ結果となりました。

またタイトル獲得者6名は、すべてAクラスのチームに所属しています。

ただその内、圧倒的な強さで優勝した広島からは、たったの1名のみです。

これは、2016年の広島はチームプレーで優勝を勝ち取ったとも言えるでしょう。

クライマックスシリーズでは、タイトルホルダー6名の選手の活躍が再度見れますから、その辺りも注目しましょう!

 

関連記事

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について

クライマックスシリーズのチケット先行発売日や買い方は?当日券から値段も調べた

日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて

【日本シリーズの記録】歴代優勝チームと監督一覧!MVP選手や賞金額も一緒に