読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【日本シリーズの記録】歴代優勝チームと監督一覧!MVP選手や賞金額も一緒に

f:id:simple_life_design:20160904175552j:plain

2016年のプロ野球は広島の25年ぶり優勝が目前で大盛り上がりです。

クライマックスシリーズが終われば、その後は2016年のプロ野球総決算の日本シリーズが開幕!

オリンピック・パラリンピックが落ち着いた10月は、日本のプロ野球が益々熱くなることでしょう。

そんな注目の日本シリーズについて、歴代優勝チームと監督からMVP選手の賞金額までまとめてみました!

今年はどんな記録が生まれるのでしょうか。今から楽しみですね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本シリーズとは

まずは日本シリーズについて、簡単におさらいしておきましょう。

 

日本シリーズとは、正式名称「日本選手権シリーズ」のことで、セ・リーグ優勝チームとパ・リーグ優勝チームとが日本一を争う短期決戦のことを言います。

 

詳細を確認されたい方は以下も合わせてご覧くださいね。

 

(参考) 日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて

 

ちなみに2016年は10月22日(土)に開幕の予定です。

今年のプロ野球は、25年ぶりの広島優勝が濃厚で大盛り上がりですから、日本シリーズでの戦いも熱くなりそうです。要チェックですね。


歴代優勝チームと監督一覧

そんな日本シリーズですが、早速歴代優勝チームと監督を見ていきましょう!

なんと第一回大会は1950年ということですから、長い長い歴史のある大会なんですね。

全部紹介すると長くなりすぎるかなと思いましたが、せっかくですので全て一覧にして紹介します。

左から順に、年・優勝チーム(監督)・成績・敗戦チームになります。

 

2015  ソフトバンク(工藤公康) 4勝1敗 ヤクルト
2014  ソフトバンク(秋山幸二) 4勝1敗 阪神
2013 楽天(星野仙一) 4勝3敗 巨人
2012  巨人(原辰徳) 4勝2敗 日本ハム
2011  ソフトバンク(秋山幸二) 4勝3敗 中日
2010  ロッテ(西村徳文) 4勝2敗1分 中日
2009  巨人(原辰徳) 4勝2敗 日本ハム
2008  西武(渡辺久信) 4勝3敗 巨人
2007  中日(落合博満) 4勝1敗 日本ハム
2006  日本ハム(T・ヒルマン) 4勝1敗 中日
2005  ロッテ(B・バレンタイン) 4勝0敗 阪神
2004  西武(伊東勤) 4勝3敗 中日
2003  ダイエー(王貞治) 4勝3敗 阪神
2002  巨人(原辰徳) 4勝0敗 西武
2001  ヤクルト(若松勉) 4勝1敗 近鉄
2000  巨人(長嶋茂雄) 4勝2敗 ダイエー
1999  ダイエー(王貞治) 4勝1敗 中日
1998  横浜(権藤博) 4勝2敗 西武
1997  ヤクルト(野村克也) 4勝1敗 西武
1996  オリックス(仰木彬) 4勝0敗1分 巨人
1995  ヤクルト(野村克也) 4勝1敗 オリックス
1994  巨人(長嶋茂雄) 4勝2敗 西武
1993  ヤクルト(野村克也) 4勝3敗 西武
1992  西武(森祇晶) 4勝3敗 ヤクルト
1991  西武(森祇晶) 4勝3敗 広島
1990  西武(森祇晶) 4勝0敗 巨人
1989  巨人(藤田元司) 4勝3敗 近鉄
1988  西武(森祇晶) 4勝1敗 中日
1987  西武(森祇晶) 4勝2敗 巨人
1986  西武(森祇晶) 4勝3敗1分 広島
1985  阪神(吉田義男) 4勝2敗 西武
1984  広島(古葉竹識) 4勝3敗 阪急
1983  西武(広岡達朗) 4勝3敗 巨人
1982  西武(広岡達朗) 4勝2敗 中日
1981  巨人(藤田元司) 4勝2敗 日本ハム
1980  広島(古葉竹識) 4勝3敗 近鉄
1979  広島(古葉竹識) 4勝3敗 近鉄
1978  ヤクルト(広岡達朗) 4勝3敗 阪急
1977  阪急(上田利治) 4勝1敗 巨人
1976  阪急(上田利治) 4勝3敗 巨人
1975  阪急(上田利治) 4勝0敗2分 広島
1974  ロッテ(金田正一) 4勝2敗 中日
1973  巨人(川上哲治) 4勝1敗 南海
1972  巨人(川上哲治) 4勝1敗 阪急
1971  巨人(川上哲治) 4勝1敗 阪急
1970  巨人(川上哲治) 4勝1敗 ロッテ
1969  巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急
1968  巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急
1967  巨人(川上哲治) 4勝2敗 阪急
1966  巨人(川上哲治) 4勝2敗 南海
1965  巨人(川上哲治) 4勝1敗 南海
1964  南海(鶴岡一人) 4勝3敗 阪神
1963  巨人(川上哲治) 4勝3敗 西鉄
1962  東映(水原茂) 4勝2敗1分 阪神
1961  巨人(川上哲治) 4勝2敗 南海
1960  大洋(三原脩) 4勝0敗 大毎
1959  南海(鶴岡一人) 4勝0敗 巨人
1958  西鉄(三原脩) 4勝3敗 巨人
1957  西鉄(三原脩) 4勝0敗1分 巨人
1956  西鉄(三原脩) 4勝2敗 巨人
1955  巨人(水原円裕) 4勝3敗 南海
1954  中日(天知俊一) 4勝3敗 西鉄
1953  巨人(水原茂) 4勝2敗1分 南海
1952  巨人(水原茂) 4勝2敗 南海
1951  巨人(水原茂) 4勝1敗 南海
1950  毎日(湯浅禎夫) 4勝2敗 松竹

(参考元)年度別日本シリーズ結果 - プロ野球 : 日刊スポーツ

 

 

スクロールお疲れ様です(笑)

いやー、並べるだけでも長い歴史のある大会であることがよく分かりますね。

 

歴代優勝回数について、上位3チームを並べてみると以下のとおりになります。

 

1位:22勝 巨人   

2位:13勝 西武(西鉄)

3位:7勝   ソフトバンク (南海・ダイエー)

 

圧倒的に巨人が多いですね。

過去全部で66回開催されていますが、巨人が3割以上日本一に輝いていることになります。

また上位3チームだけを合計すると42勝になりますから、上位3チームで日本一の6割以上を占めています。

長いプロ野球の歴史を見ると、強いチームの傾向ははっきりとしているんです。

 

最近はソフトバンクの躍進が凄いですね。

やはり昔(今も?)の巨人といい、今のソフトバンクといい、資金を沢山もっているところが強いというのは紛れもない事実でしょう。

 

ちなみに最多日本一の監督は、巨人・川上監督の11勝です。

V9と呼ばれる王さん・長嶋さんがスーパースターとして活躍した巨人黄金時代を率いた監督ですね。1965年から1973年は9年連続日本一です。

リーグ制覇だけでも難しいのに、9年連続日本一ですからね。当時の強さは異常といっていいでしょう。

 

最近の原監督でも3回しか日本一になっていないですから、なかなかこの記録を破るのは難しそうです。3回でも凄いことなんですけどね。。。

 

スポンサーリンク

 

 

 

MVP選手や賞金額について

日本シリーズでは、最も活躍した選手はMVP(Most Valuable Player)として表彰され、2015年は以下の商品が与えられました。

 

トロフィー
NPBパートナー5社より賞金各100万円(計500万円)

 

500万円って、プロ野球選手にしてみたら大した額ではないのかもしれませんが、一般人からみたら結構な金額ですよね。

もちろん賞金よりも選手としての名誉の方が大きいのでしょうけど、その年の最後に500万円のボーナスは嬉しいことでしょう。

 

最後に歴代MVP受賞者についてみてみましょう。

流石にこちらを1950年から見るのは疲れてしまう(笑)ので、直近10年を並べてみますね。

過去1950年まで遡りたい方は、以下をご参照頂けたらと思います。

 

(参考)プロ野球データ管理室 プロ野球日本シリーズ歴代記録

 

2015年 李大浩  ソフトバンク  内野手

2014年 内川聖一 ソフトバンク  外野手

2013年 美馬学   楽天        投手

2012年 内海哲也  巨人        投手 

2011年   小久保裕紀  ソフトバンク       内野手 

2010年   今江敏晃      ロッテ                 内野手 

2009年 阿部慎之助  巨人                    捕手 

2008年 岸孝之         西武                    投手 

2007年  中村紀洋     中日                    内野手

2006年    稲葉篤紀      日本ハム            外野手

2005年    今江敏晃      ロッテ               内野手

ピッチャー、野手と満遍なく獲得されていますね。

過去10年で際立つのは、2009年の阿部選手がキャッチャーとして獲得されていることです。

調べてみると、キャッチャーで獲得したのは、過去に阿部選手以外では3人しかいませんでした。あの野村監督もMVPは獲得していないんですね。


まとめ

日本シリーズは1950年から続く長い長い歴史のある大会です。

歴代優勝チーム最多は巨人で、なんとこれまでの日本一の3割以上を占めています。

MVP選手にはトロフィーと賞金500万円が与えられます。

2016年のプロ野球は、広島が25年ぶりに優勝目前で大盛り上がりですから、日本シリーズも楽しみです!

 

関連記事

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた

日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について