読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【阪神】2016-2017契約更改の交渉結果まとめ!年俸ランキングもあるよ

f:id:simple_life_design:20161123175308p:plain

 

2016年のシーズンは4位と想定外の振るわない成績となった阪神タイガースの契約更改が始まりました。来年のチーム編成を考える上でも、球団にとっては非常に重要なイベントとなることでしょう。

そんな注目の阪神タイガースの契約更改結果や過去の年俸ランキングまでまとめてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

契約更改って何?

はじめに契約更改について簡単におさらいしておきましょう。

「契約更改」とは、各球団と選手とが来季以降の契約を交わし直すことを指します。

プロ野球の契約期間というのは、2月1日から11月30日と決まっていて、翌年のこの期間の契約をどうするのか決めるものになります。

選手にとっては、シーズンが終わってもこのイベントが終わるまでは心穏やかではないのが事実でしょう。

 

契約更改については、以下のサイトでもまとめていますので合わせてご確認下さいね。

 

(参考)2016-2017契約更改交渉の時期はいつ?歴代年俸ランキングも調査【プロ野球】 

 

2016-2017契約更改結果まとめ(随時更新中)

それでは早速2016-2017年の阪神における契約更改結果を見ていきましょう。

11月22日現在のものになります。

単位は万円となっていて、括弧内が前年からの△(アップ)、▼(ダウン)を表しています。

 

投手部門と野手部門に分けてご紹介します。

 

<投手>

横 山  1570  (△70)
歳 内  1500  (▼100)
松 田  1400  (△200)
金 田  1400  (▼100)
石 崎  1300  (△120)
青 柳  1200  (△480)
秋 山  1100  (△100)
島 本  1100  (△380)
山 本  900   (△50)
竹 安  840   (-)
守 屋  800   (-)
桑 原  800   (▼100)
伊藤和  650   (△50)
田 面  530   (△50)
望 月  500   (-)

 

<野手>
江 越  1700  (△100)
伊藤隼  1500  (▼200)
坂 本  1300  (△100)
岡 崎  1300  (△450)
中 谷  1200  (△500)
小宮山  1050  (▼150)
荒 木  1000  (△200)
板 山  900    (△180)
陽 川  900    (△100)
横 田  870    (△150)
緒 方  800    (-)
小豆畑  650    (▼50)
森 越  650    (△50)
西 田  500    (▼80)
植 田     500    (-)

参考元:阪神 - 契約更改 - プロ野球 : 日刊スポーツ

 

11月22日現在では、主力選手の契約交渉は終えていませんから、まだまだ阪神の契約更改はこれからになりそうです。

随時アップデートしていきますね。

 

スポンサーリンク

 

 

 

阪神の年俸ランキング

2016-2017年の年俸ランキングはまだまだこれからですから、2016年の阪神における年俸ランキングを確認しましょう。

 

こちらも投手と野手に分けてみていくことにします。

こちらも単位は万円です。

 

<投手>

メッセンジャー  30000
藤浪晋太郎    17000
福原 忍     15000
能見 篤史    14000
安藤 優也    8200

<野手>
鳥谷 敬     40000
福留 孝介    20000
ゴメス      20000
西岡 剛     10800
ヘイグ      8000

 

やはり鳥谷敬選手の4億円がずば抜けていますね。

ただし2016年のシーズンは、成績が振るわなかったですから、ダウンは避けられないでしょう。

藤波投手も振るわない成績でしたから、アップはなかなか見込めないでしょうね。

メッセンジャー投手は2016年の安定の活躍でしたから、アップもあるかもしれません。

ただ、全体的にチームはもちろん、選手個人にとっても2016年は不遇の年だったと言えますから、来年の飛躍を期待しています。

やはり阪神が強くないとプロ野球は面白くない!

 

最後に阪神の歴代選手の中で、最も高額な年俸を獲得した選手をチェックしておきましょう。

何を隠そう、金本監督になります!

 

金本知憲 年俸5億5,000万円 (2006-2007)

 

これはプロ野球歴代においても第5位という超高額契約です。今からちょうど10年前ですね。

2006年のシーズンは打率3割以上をマークしながら、904試合連続フルイニング出場という前人未踏の世界記録も樹立しました。

ケガをしない、というのは数字以上にチームへの貢献度が高いですよね。流石「鉄人」の異名をもつ男です。 

 

 

まとめ

2016-2017年の契約更改が始まりました。2016年の阪神は4位と振るわない成績で、選手個人を見ても大幅アップを見込める選手は少ないものと思われます。

過去の阪神における最高年俸獲得者は現阪神監督・金本選手の5.5億円です。

来年以降になるかとは思いますが、この偉大な監督の金額を超える選手が出てくることを期待します。やはり阪神が強くないと面白くない!注目しましょう。

 

関連記事

2016-2017契約更改交渉の時期はいつ?歴代年俸ランキングも調査【プロ野球】 

【阪神】1位指名・大山悠輔の評価は?2016ドラフト会議結果の採点や感想もまとめた 

【巨人】2016-2017契約更改の交渉結果まとめ!年俸ランキングもチェック 

【中日】2016-2017契約更改の交渉結果まとめ!年俸ランキングも確認