読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【阪神】1位指名・大山悠輔の評価は?2016ドラフト会議結果の採点や感想もまとめた

f:id:simple_life_design:20161022101115p:plain

2016年10月20日(木)にドラフト会議が行われました。

特にサプライズだったのが阪神のドラフトです。

大山悠輔選手を1位指名した際には、会場内からブーイングとため息がおきたのだとか。

そんな大注目の大山悠輔選手の評価やプロフィールに加え、阪神ドラフト会議結果の採点や感想をまとめました。

未来の阪神のスターをしっかり確認しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

 

2016年阪神ドラフト会議の結果一覧

早速ですが、2016年阪神のドラフト結果を見ていきましょう。

 

<阪神ドラフト結果一覧>

1位 大山 悠輔 白鴎大 内野手
2位 小野 泰己 富士大 投手
3位 才木 浩人 須磨翔風高 投手
4位 濱地 真澄 福岡大大濠高 投手
5位 糸原 健斗 JX-ENEOS 内野手
6位 福永 春吾 徳島インディゴソックス 投手
7位 長坂 拳弥 東北福祉大 捕手
8位 藤谷 洸介 パナソニック 投手

参考元:ドラフト会議2016 | プロ野球 | 実況 | スポーツナビ

 

注目ポイントはやはり1位に内野手を指名してきたことですね。

他の11球団はすべて1位は投手を指名しているので、特に目立った印象です。

今年は投手が大豊作だったというドラフトでしたからね。

 

ちなみに阪神の現状については、以下でもご紹介しましたが、

 

(参考)【阪神】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をリサーチしてみた

 

やはり今シーズンの振るわない成績はリリーフ陣の崩壊が顕著であったといえるため、まずは投手陣を補強することがドラフトのポイントになると予想した方が多かったのではないでしょうか。

一方で、鳥谷敬選手の後釜も必要との報道もあったため、即戦力級の投手獲得の後には、有力な内野手の獲得に動くだろう、と見ていた方が多かったように思います。

 

そんな中での、投手ではなく内野手への1位指名でしたから、これは大きなサプライズとなりました。

 

それだけ阪神では、大山悠輔選手への期待と評価が高かったということでしょう。

 

ドラフト1位大山悠輔のプロフィールと評価は?

そんな大山悠輔選手ですが、まずは簡単なプロフィールから見ていきましょう。

 

生年月日: 1994年12月19日

出身:茨城県

身長:181cm

体重:84㎏

投球打席:右投げ右打ち

出身大学:白鴎大学

 

大学日本代表の4番経験もある長距離バッターです。身長・体重をみてもがっしりとした体格であることがよく分かりますね。

また肩の強さにも定評があり、守って打てる将来の中軸候補となることは間違いなさそうです。鳥谷選手の後釜としては十分な選手といえるでしょう。

 

大山悠輔選手には金本監督も高く評価していて、大いに期待を寄せています。

 

大山については「右の大砲候補といいますか、バッティングがしなやかで強く、タイプ的にはヤクルトの山田選手にちょっと似ているかなと、そんな雰囲気はあります」と、高く評価。

 

引用元:金本監督、大山のサプライズ指名に「ウイークポイントは野手」/タイガース/デイリースポーツ online

 

足も50m6秒2と俊足ですから、確かに金本監督の言うとおり、山田選手のようなトリプルスリーを狙える選手を目指すことも出来そうですね!

 

スポンサーリンク

 

 

 

採点や感想について

そんな期待の大山悠輔選手を1位指名した阪神のドラフト採点はどうだったのでしょうか?

 

まずは、元スカウトで評論家の得津高宏氏の採点です。

 

【得津氏の評価】
S   ソフトバンク
AAA ロッテ
AA  ヤクルト、西武、楽天
A   オリックス、中日
B   日本ハム、DeNA、広島
C   巨人
D   阪神

 

引用元:【ドラフト】大成功はソフトB 得津氏がズバリ採点 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

阪神は最下位という厳しい評価ですね。。。

やはり1位に大山選手を指名したのが、一番の要因のようです。

要は大山選手であれば1位でなくても獲れたのでは?ということですね。あくまで結果論にはなりますが。

確かに野手で1位指名というのは、過去をみても相当な大物でないとそうそう無いですからね。松井秀喜さんとか、あのような超大物レベルです。

 

そこまでの選手かと言われると「?」が付くということなのでしょう。

ただ、最後は監督の意見が優先されるということですので、金本監督の信念のあるドラフトだったとも評しています。

 

一方で、他と比較するとどうしても採点順位は低くなるものの、阪神も決して悪くないという評価もありました。

 

(参考)巨人、阪神だって決して悪くない!全球団が60点以上の豊作ドラフト。(3/3) - プロ野球 - Number Web - ナンバー

 

この指名が今後、吉と出るのか、非常に注目ですね!

 

最後に世間の感想も紹介しますね。

各報道での採点結果等を受けて、逆に応援したくなっているファンが増えている印象でした。

 

 

 

確かに、当日は指名直後に会場内からブーイングとため息が聞こえたらしいですが、阪神や大山選手にとったらいい迷惑ですよね。

是非見返して、球界を代表するバッターに成長してもらいたいです!

大山選手にとっては、逆に注目を浴びてチャンスかもしれませんね。応援しています!

 

まとめ

2016年10月20日(木)にドラフト会議が開催されました。

サプライズだったのは阪神のドラフト指名。「1位指名は投手」というのが大方の予想でしたが、内野手の大山悠輔選手を1位に指名しました。

そんな大山悠輔選手ですが、大学日本代表の4番経験もある長距離バッターです。金本監督の期待も高く、走力もあるのでヤクルト山田選手のようにトリプルスリーを目指せる可能性も秘めています。

各報道の評価では阪神ドラフトの採点は厳しいものですが、是非いい意味で大山悠輔選手には期待を裏切ってもらいたいですね。注目しましょう!

 

 

関連記事

2016ドラフト会議の結果一覧!評価・採点や感想もまとめた【プロ野球】

【巨人】2016ドラフト会議の結果と採点!1位指名・吉川尚輝の評価や感想は? 

日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて 

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた