読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【広島】加藤拓也(1位指名)の評価と成績は?2016ドラフト会議結果の採点もまとめた

f:id:simple_life_design:20161022145033p:plain

2016年10月20日(木)にドラフト会議が開かれました。

今年は25年ぶりのリーグ優勝で大盛り上がりとなった広島。そんな広島のドラフト指名は、ファンでなくとも気になった方も多かったはず。

そして注目の1位指名は慶応大学の加藤拓也投手でした。

そんな加藤拓也投手のプロフィールや評価・成績から2016広島ドラフト戦略の採点まで、まとめてみました。

未来の広島のスター誕生をしっかり確認しておきましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

 

2016年広島のドラフト会議結果一覧

それでは早速、2016年広島のドラフト結果一覧から見ていきましょう。

 

X1位 田中 正義 創価大 投手
X1位 佐々木 千隼 桜美林大 投手
1位 加藤 拓也 慶大 投手
2位 高橋 昂也 花咲徳栄高 投手
3位 床田 寛樹 中部学院大 投手
4位 坂倉 将吾 日大三高 捕手
5位 アドゥワ 誠 松山聖陵高 投手
6位 長井 良太 つくば秀英高 投手

参考元:ドラフト会議2016 | プロ野球 | 実況 | スポーツナビ

 

最初は1位に田中正義投手の指名をしましたが、5球団が競合した結果、ソフトバンクにもっていかれてしまいます。

そして、外れ1位で指名した佐々木千隼投手においても、異例の5球団が競合。こちらはロッテに交渉権を奪われます。

そして外れ外れ1位で指名したのが慶応大学の加藤拓也投手でした。

 

本人も1位で指名されるとは思っていなかったようで、驚きを隠せなかったようです。

 

(参考)慶大・加藤「考えてなかった」広島1位指名ビックリ - 野球 : 日刊スポーツ

 

1位で指名されるのは選手にとっては非常に名誉なこと。是非、加藤拓也投手には期待以上の活躍をみせてほしいですね!

 

しかし、2016年のドラフトは投手候補が非常に豊作で充実していました。

実に12球団中11球団が投手を最初に指名しています。

 

ドラフト1位・加藤拓也投手のプロフィールと評価・成績は?

続いて加藤拓也投手のプロフィールを確認しましょう。

 

生年月日:1994年12月31日

出身:東京都

身長:175cm

体重:90㎏

投球打席:右投げ右打ち

出身大学:慶応大学

 

高校から慶応高校のようですね。

さすがは文武両道といったところでしょうか。過去には慶応大学陸上部のやり投げ投手と合同練習を行い、自身の投球に生かせないかを研究していたのだとか。

最速153キロのストレートを持つパワー投手です。

 

外れ外れ1位指名だったものの、緒方監督も高評価で、大満足だったようです。

広島はどうしても即戦力の投手が欲しかったのですね。

 

広島緒方孝市監督(47)は田中、佐々木と2度、抽せんを外したが「来季戦う上で即戦力の投手がほしいと要望していた。長い映像は見られていないが、スカウトの評価が高かった。マウンド度胸は素晴らしく、ハートが強い。素晴らしい投手を指名できた」と振り返った。

 

引用元:広島1位加藤は「マウンド度胸すばらしい」緒方監督 - 野球 : 日刊スポーツ

 

続いて加藤拓也投手の成績ですが、大学時代の主な成績は以下になります。

 

・東京六大学で通算24勝

・東大戦でリーグ史上24人目(通算25度目)のノーヒットノーランを達成

 

東京六大学での通算24勝も素晴らしい成績ですが、なんといってもノーヒットノーランの達成でしょう。

当時から広島スカウトはストレートに加え、鋭く落ちるボールに高評価だったようで、注目していた選手だったようです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

広島のドラフト採点について

最後に広島の2016ドラフト戦略の採点です。

元スカウトで評論家の得津氏の評価は以下になります。

 

【得津氏の評価】
S   ソフトバンク
AAA ロッテ
AA  ヤクルト、西武、楽天
A   オリックス、中日
B   日本ハム、DeNA、広島
C   巨人
D   阪神

 

引用元:【ドラフト】大成功はソフトB 得津氏がズバリ採点 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

B評価ということで、可もなく不可もなく、といったところでしょうか。

抽選で2回外していますから、しょうがないですよね。こればっかりは運なので誰も攻めることは出来ません。

 

その中で、加藤拓也投手を獲得できたことに加え、2位で高橋昂也投手(花咲徳栄)をしっかりと獲得したのがポイントだったようです。

加えて、広島といえば将来のキャッチャーが課題でしたから、捕手の坂倉将吾(日大三高)選手を確保できたのも大きいでしょう。

 

広島の現状については以下でもまとめています。合わせてご確認下さいね。

(参考)【広島】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をチェックしよう

 

まとめ

2016年10月20日(木)にドラフト会議が行われました。

25年ぶりのリーグ優勝を果たした注目の広島は、外れ外れ1位で慶応大学の加藤拓也投手を獲得しました。

そんな加藤拓也投手ですが、最速153キロを誇るストレートを持つパワー投手です。投手の即戦力を期待していた緒方監督も結果的には大満足の指名となりました。

大学時代の成績はノーヒットノーランを達成するなど、当時から広島のスカウトが注目していました。

今一番勢いのあるチームですから、1年目から加藤拓也投手には活躍を期待したいですね。注目しましょう!

 

関連記事

2016ドラフト会議の結果一覧!評価・採点や感想もまとめた【プロ野球】 

【巨人】2016ドラフト会議の結果と採点!1位指名・吉川尚輝の評価や感想は? 

【阪神】1位指名・大山悠輔の評価は?2016ドラフト会議結果の採点や感想もまとめた 

【ソフトバンク】1位指名・田中正義の評価と成績は?2016ドラフト会議結果の採点もまとめた 

日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて