読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【広島】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をチェックしよう

f:id:simple_life_design:20161008112358p:plain

2016年のドラフト会議がいよいよ始まります。

25年ぶりの優勝を果たした広島のドラフト会議での指名は、注目を集めることでしょう。

そんな2016年ドラフト会議の注目選手から、大胆に広島の指名予想をしてみました!

未来の広島スター選手の誕生は要チェックです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

広島の歴代ドラフト指名

まずはじめに広島の歴代のドラフト指名の第3位まで見てみましょう。

×となっているのは、指名したものの、競合して獲得できなかった選手になります。また一番右端は出身になります。

 

<2015年> 
1位  岡田明丈  投  大阪商業大学
2位  横山弘樹  投  NTT東日本
3位  高橋樹也  投  花巻東


<2014年> 
×   有原航平  投  早大
1位  野間峻祥  外  中部学院大
2位  薮田和樹  投  亜大
3位  塹江敦哉  投 高松北


<2013年> 
1位  大瀬良大地 投  九州共立大
2位  九里亜蓮  投  亜大
3位  田中広輔  内  JR東日本


<2012年> 
×   森雄大   投  東福岡高
×   増田達至  投  NTT西日本
1位  高橋大樹  外  龍谷大平安高
2位  鈴木誠也  外  二松学舎大付高
3位  上本崇司  内  明大


<2011年> 
1位  野村祐輔  投  明大
2位  菊池涼介  内  中京学院大
3位  戸田隆矢  投  樟南高

 

どのチームにも言えることかもしれませんが、傾向としてはやはり投手を獲得していますね。いい投手がいるチームが強いというのは、プロ野球/高校野球共に一緒です。

 

注目は2012年のドラフトですね。今年大活躍で「神っていた」鈴木誠也選手が結果としてはドラフト2位ですが、四巡目の指名で獲得しています。

今の活躍を考えると、考えられない指名順ですが、こうして獲得した選手を地道にしっかりと育てていくのが広島の野球なのでしょう。

 

2016年ドラフト候補と広島の現状

次に2016年のドラフト候補についてです。

注目選手については、以下でも紹介しておりますので合わせてご確認頂けたらと思います。

 

(参考)2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

上記では注目選手として、以下の5投手を紹介しています。

 

田中 正義投手 創価大学

高橋 昂也投手 花咲徳栄高校

山岡 泰輔投手 東京ガス

生田目 翼投手 流通経済大学

寺島 成輝投手 履正社高校

 

どの投手も2016年ドラフト会議では目玉候補で、重複指名は避けられないでしょう。

当然広島も例年の傾向から見ても、投手を1位指名してくるでしょうから、これらの投手も1位指名候補に挙がってくるはずです。

 

ただ、25年ぶりの優勝を果たした広島は、有名選手の獲得よりも、ドラフトではそこまで注目されなかったが実力ある選手を獲得し、じっくり育ててスター選手へと成長させています。

そういった意味では、知名度よりも将来の実力をしっかりと見極めた指名を行ってくる、というのも広島の特徴であると言えるでしょう。

 

また投手以外では、キャッチャーの獲得も急務と言えます。

石原慶幸捕手も37歳ですしね。将来の正捕手探しは、ドラフトでもポイントとしているでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

広島の指名予想

以上を踏まえて、広島のドラフト指名予想をしてみましょう。

まずピッチャーですが、上記で挙げた5投手の指名も十分ありえますが、広島の知名度よりも実力重視というスタンスから鑑みると、慶応大学の加藤拓也投手が有力と考えられます。

 

広島の苑田聡彦スカウト部長も早くから注目しており、熱い視線を送り続けています。

 

(参考)広島スカウト熱視線 慶大右腕・加藤拓也“株急上昇”の理由 | 日刊ゲンダイDIGITAL

 

150㎞を超すストレートに加え、カーブ・フォークといった変化球も精度を増しており、先発はもちろんリリーフでも十分活躍できると、広島のスカウト部長はコメントしていますね。

 

加藤拓也投手は、他チームでも指名はされるでしょうが、1位指名はやはり先にあげた上位選手になることが予想されますので、これだけ熱い視線を送っている広島でしたら、最初から安全に加藤拓也投手を指名することも十分考えられます。

 

続いて、キャッチャーですが、じっくり育てていくという意味では高卒注目捕手の獲得を検討していると予想します。

古川裕大捕手(久留米商)が高校生捕手として注目されていますから、指名候補に挙がってくるでしょう。

右投左打の選手でかつては、U-15日本代表に選ばれるほどの実力の持ち主。久留米商高校においても1年生からレギュラーを獲得していました。

素質十分の古川裕大捕手が広島でじっくりと実力をつければ、素晴らしいキャッチャーに成長していきそうですね。

 

まとめ

いよいよ始まる2016年のドラフト会議。25年ぶりの優勝を果たした広島の指名は注目されることでしょう。

広島はピッチャーとキャッチャーの獲得に力を入れると予想します。

ピッチャーは早くから熱い視線を送り続けていた慶応大学の加藤拓也投手の指名が濃厚です。

キャッチャーは将来の正捕手をじっくり育てるという観点からの高卒の捕手の指名も予想されます。U-15にも選ばれている古川裕大捕手(久留米商)の指名を予想しました。

広島に入団すればじっくり実力をつけて成長することが期待できますから、未来の広島のスター誕生を見逃さないようにしましょう。

 

関連記事

2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

【巨人】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認しよう

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について

【日本シリーズの記録】歴代優勝チームと監督一覧!MVP選手や賞金額も一緒に