読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【リオ五輪テーマソング】NHKから民放まで各局まとめ!テーマソングの歴史もリサーチ

f:id:simple_life_design:20160718135931j:plain

五輪のテーマソングは楽しみの一つです。この曲を聞くと、当時のオリンピックを思い出す、といった楽曲が誰にでもあるのではないかと思います。

そこで、リオ五輪のNHK・民放各局の全てのテーマソングが決定しましたので、テーマソングの歴史と共にまとめてみました!

開催前にチェックしておくと、リオ五輪の楽しみ方が一つ増えますよ。

 

スポンサーリンク

 

 

 

オリンピックのテーマソングの歴史

 

NHKでオリンピック放送のテーマソングが決められるようになったのは、1988(昭和63)年に開催されたソウルオリンピックから。歌ったのはヘビィ・メタル・ロックの女王と呼ばれ、圧倒的な人気を誇った浜田麻里だった。

引用元:特集記事から探す | NHKアーカイブス

 

オリンピックのテーマソングの歴史は意外と浅く、1988年(ソウル五輪)にNHKが始めたのが最初のようですね。その最初の大役を担ったのが、浜田麻里さん。

 

あのナレーター・タレントでお馴染みの濱田マリさんと読み方は全くの同姓同名ですが、別人です。

あまりテレビに出演されておらず、知っている方は少ないかもしれませんが、今なお、アルバムのリリースやライブ活動もされている日本を代表するシンガーソングライターの方です!

ソウル五輪での浜田麻里さんをきっかけに、その他民放各局も続々とテーマソングを取り入れるようになりました。

浜田麻里さんの成功があってのテーマソングなんですね。

 

リオ五輪各局まとめ

それでは過去のテーマソングの歴史を勉強したところで、リオ五輪のテーマソングを見てきましょう。

 

【NHK】

テーマ曲:「Hero」

アーティスト:安室奈美恵

 

<概要>

希望や勇気を与えてくれるオリンピックのテーマ曲にピッタリで、年々歌声に深みを増している安室奈美恵さんの魅力が存分に詰まっている素晴らしい楽曲になっています。

NHKの五輪テーマソングに決まった場合、過去10年は紅白にもそのまま出場するケースが続いていますから、安室さんの紅白出場はほぼ確定でしょう。

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】NHKは安室奈美恵の「Hero」!過去のテーマ曲も

 

 

【日本テレビ】

テーマ曲:「Power of the Paradise」

アーティスト:嵐

 

<概要>

嵐が日本テレビの五輪のテーマソングに起用されるのは、冬季も合わせるとなんと6作目になります。

曲調も爽やかで、元気の出る素敵な楽曲になっています。ファンの声も「今までで一番」という声も上がっているほど!

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】日本テレビは嵐の「Power of the Paradise」!過去のテーマ曲も 

 

 

【TBS】

テーマ曲:「ありがとう」

アーティスト:SMAP

 

<概要>

「ありがとう」はSMAPの10年前の大ヒット曲。

TBSの今年の五輪のテーマは「感謝」。 TBSの公式サイトによると、「アスリートと彼らを支える人たちとの間にある様々な「感謝」を描いていく」ということで、まさにぴったりの楽曲となっています。

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】TBSはSMAPの「ありがとう」!過去のテーマ曲も

 

スポンサーリンク

 

 

 

【フジテレビ】

テーマ曲:「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」

アーティスト:EXILE

 

<概要>

選手達への応援ソングにもなっていて、EXILEの熱い想いが込められた歌詞になっています!作詞を担当したのは、ATSUSHIさんです。

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】フジテレビはEXILEの「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」!過去のテーマ曲も

 

 

【テレビ朝日】

テーマ曲:「1461日」

アーティスト:福山雅治

 

<概要>

直近夏季6大会のうち、なんと4大会で福山雅治さんの曲が採用されています。

タイトル「1461日」の由来は前回のロンドン五輪からの経過日数を表していて、福山さんが五輪のために書き下ろした想い入れの強い楽曲になっています。

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】テレビ朝日は福山雅治の「1461日」!過去のテーマ曲も

 

 

【テレビ東京】

テーマ曲:「起死回生」

アーティスト:和楽器バンド

 

<概要>

「起死回生」という言葉どおり、絶対に諦めないといった魂を揺さぶる力強い楽曲!

和楽器バンドは、既に米国での公演を済ませるなど、全世界にその名をとどろかせている将来有望なグループです。

<詳細紹介記事>

【リオ五輪テーマソング】テレビ東京は和楽器バンドの「起死回生」!過去のテーマ曲も

 

まとめ

五輪テーマソングの歴史は意外と浅く、1988年のソウル五輪からです。各局の詳細紹介記事を見て頂ければ分かりますが、過去のテーマソングは名曲揃いですね。

個人的に印象に残っているのは、2000年シドニー五輪の福山雅治さんの「HEY!」です。

この楽曲を聞くと、高橋尚子さんが女子マラソンで優勝した感動的なシーンを思い浮かべます。楽曲の歌詞である「追いかけて♪追いかけて♪」のとおり、金メダルをひたすら追いかけて走り抜けて、日本中が熱狂したシモン選手とのデッドヒートそして感動のゴールシーンです。これが女子陸上史上初の五輪金メダルとなり、国民栄誉賞まで受賞されました。

また、リオ五輪の楽曲を各局毎にまとめてみると、局によってカラーが出ていて面白いですね。

今年の夏はこれらの楽曲と共に、また一つ思い出が増えることでしょう。

頑張れ日本選手!応援してます!