読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【中日】1位指名・柳裕也の評価と成績は?2016ドラフト会議結果の採点もまとめた

f:id:simple_life_design:20161023132925p:plain

 

2016年10月20日(木)にドラフト会議が開催されました。

ドラフト前から注目選手の一人として挙げられていた明治大学の柳裕也投手は、横浜DeNAと競合の末、中日がドラフト1位指名で交渉権を獲得しました。

そんな中日ドラ1の柳裕也投手のプロフィールや評価・成績に加え、2016年の中日ドラフト戦略の採点をまとめてみました!

19年ぶりの最下位に沈んだ2016年。これを脱して再び強い中日となるには、柳裕也投手の活躍がカギになるといっても過言ではないと思います。要チェックですよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 

2016年中日のドラフト会議結果一覧

それでは早速ですが、2016年中日ドラゴンズにおけるドラフト会議結果一覧をみてみましょう。

 

○1位 柳 裕也 明大 投手
2位 京田 陽太 日大 内野手
3位 石垣 雅海 酒田南高 内野手
4位 笠原 祥太郎 新潟医療福祉大 投手
5位 藤嶋 健人 東邦高 投手
6位 丸山 泰資 東海大 投手

参考元:ドラフト会議2016 | プロ野球 | 実況 | スポーツナビ

 

中日は横浜DeNAと2球団が競合した結果、森繁和新監督がクジを見事引き当て、ドラフト1位指名で柳裕也投手の交渉権を獲得しました!

 

中日の現状については、以下サイトでも紹介しましたが、

 

(参考)【中日】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をピックアップ! 

 

今季は19年ぶりの再下位に終わり、チーム事情は最悪と言えるでしょう。

やはりチームを強くするという意味でも、安定して先発を任せられる投手の獲得が急務と言えます。

強かった頃の落合監督時代の中日も、守って勝つ野球でしたしね。

 

そんな即戦力のピッチャーが欲しかった中日にとって、柳裕也投手(明治大学)は願ってもない投手と言えるでしょう。

 

ドラフト1位・柳裕也投手のプロフィールと評価は?

まずは、柳裕也投手のプロフィールを簡単に確認します。

 

生年月日:1994年4月22日

出身:宮崎県

身長:180cm

体重:80㎏

投球打席:右投げ右打ち

出身大学:明治大学

 

明治大学に加え、大学日本代表でも主将を務めているみたいですね。

リーダーシップがあり信頼の厚い選手なのでしょう。

 

そんな柳裕也投手の評価はドラフト前から定評があり、兼ねてより中日をはじめ各球団のスカウトが注目していた選手でした。

 

(参考)明大・柳裕也投手、竜1位候補に浮上:ドラニュース:中日スポーツ(CHUNICHI Web)

 

何といっても、魅力は最速150キロのストレートと独特の切れのあるカーブということです。即戦力が期待できる投手の中においても、常に上位ランクでした。

 

森繁和新監督の評価も相当高く、非常に満足な様子です。

 

是が非でも欲しかった即戦力投手の交渉権獲得に監督は「うちが一番必要としていた投手。期待している」と満足そうに話した。

 

引用元:中日・森監督、明大・柳を引き当て「(監督になって)一番いい仕事した」/ドラフト - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

続いて、大学時代の成績も確認しましょう。

主な大学時代の成績は以下になります。

 

・東京六大学で通算22勝をマーク。

・東京六大学リーグでは歴代10位の326奪三振を記録。

 

通算22勝も素晴らしい記録ですが、通算326の奪三振は脅威的な記録と言っていいでしょう。

中日が交渉権を獲得した後、「奪三振は自分の持ち味の一つ」とコメントしているとおり、柳投手自身の中でも相当意識しているみたいですね。

2017年は、柳裕也投手の奪三振ショーを是非期待しましょう!

 

スポンサーリンク

 

 

 

中日のドラフト採点について

最後に2016年中日のドラフト戦略の採点結果をみてみましょう。

元スカウトで評論家の得津氏の評価は、以下のとおりになります。

 

【得津氏の評価】
S   ソフトバンク
AAA ロッテ
AA  ヤクルト、西武、楽天
A   オリックス、中日
B   日本ハム、DeNA、広島
C   巨人
D   阪神

 

引用元:【ドラフト】大成功はソフトB 得津氏がズバリ採点 (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

 

D評価までつけている中で、中日はA評価と高評価ですね。

やはり柳裕也投手を獲得できたことがポイントだったようですが、2位以降の指名も評判のいい京田陽太内野手(日本大学)、石垣雅海内野手(酒田南高) を着実に獲得できたことも高評価の要因でした。

 

ちなみに今年の中日はドラフト指名者に社会人が一人も入っていないんですね。

昨年までは逆に社会人中心だったので、反省を生かした変化だったのかもしれません。その辺りも高評価に繋がった一因なのかもしれませんね。


まとめ

2016年10月20日(木)にドラフト会議が行われました。

ドラフト前から注目されていた明治大学の柳裕也投手は横浜DeNAと競合の末、中日が交渉権を獲得しました。

そんな柳裕也投手ですが、東京六大学野球では歴代10位の326奪三振を記録するなど抜群の制球力を持ち合わせており、即戦力が期待されています。

2016年の中日ドラフト戦略は、柳裕也投手が獲得できたことはもちろん、2位以降の選手も評判のいい選手を着実に獲得しており、専門家の評価も上々のようです。

2017年中日が最下位を脱して、再び強い球団になれるかは、彼らがカギを握っているといっても過言ではないでしょう。注目ですよ!

 

 

関連記事

2016ドラフト会議の結果一覧!評価・採点や感想もまとめた【プロ野球】 

【中日】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をピックアップ! 

【巨人】2016ドラフト会議の結果と採点!1位指名・吉川尚輝の評価や感想は? 

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた