読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【阪神】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をリサーチしてみた

f:id:simple_life_design:20161008230819p:plain

いよいよ始まる2016年のドラフト会議。

屈辱のBクラスに終わった阪神にとっては、来年のチーム編成を考える上でも非常に重要なドラフト会議となりそうです。

そんな注目のドラフト候補選手をリサーチして、阪神の指名予想をしてみました!

未来の阪神のスター誕生の瞬間をお見逃しなく!

 

スポンサーリンク

 

 

 

阪神の歴代ドラフト指名

まず最初に阪神の歴代のドラフト指名者を過去5年分みてみましょう。

上位3位までの選手を列挙してみました。

「×」となっているのは、指名したものの、競合して獲得できなかった選手になります。一番右端は出身を示しています。

 

 <2015年> 
1位  高山俊   外  明治大学
2位  坂本誠志郎 捕  明治大学
3位  竹安大知  投  熊本ゴールデンラークス


<2014年> 
×   有原航平  投  早大
×   山崎康晃  投  亜大
1位  横山雄哉  投  新日鉄住金鹿島
2位  石崎剛   投  新日鉄住金鹿島
3位     江越大賀  外  駒大


<2013年> 
×   大瀬良大地 投  九州共立大
×   柿田裕太  投  日本生命
1位  岩貞祐太  投  横浜商大
2位  横田慎太郎 外  鹿児島実
3位  陽川尚将  内  東農大


<2012年> 
1位  藤浪晋太郎 投  大阪桐蔭高
2位  北條史也  内  光星学院高
3位  田面巧二郎 投  JFE東日本


<2011年> 
1位  伊藤隼太  外  慶大
2位  歳内宏明  投  聖光学院高
3位  西田直斗  内  大阪桐蔭高

 

やはり、他のチームと同様に投手を第1位指名としているケースが多いことが分かります。強いチームには投手が必須ですからね。

 

しかしその中でも過去5年でドラフト1位に2名も野手を指名しています。

2011年の伊藤隼太外野手と2015年の高山俊外野手ですね。

 

2011年の伊藤選手こそこれまで十分な成績を残せておりませんが、2015年の高山俊選手は新人から大活躍でしたね。坪井選手が持っていた一軍公式戦シーズン通算安打の球団新人記録を更新するほどの活躍で、2016年新人王候補筆頭とも言われています。

 

こうしてみると、阪神は投手だけでなく、積極的に野手も1位指名で獲得に動く球団であることが分かりますね。他のチームを見てみると分かりますが、上位は投手が占める球団がほとんどです。

 

2016年ドラフト候補と阪神の現状

次に2016年の主なドラフト候補の顔ぶれを確認しましょう。

以下のサイトでも紹介しているので、合わせてご確認下さいね。

 

(参考)2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

上記では注目選手として、以下の5投手を紹介させて頂きました。

どの選手も重複指名が避けられない目玉選手ばかりです。当然阪神の指名候補にもなってくるでしょう。

 

田中 正義投手 創価大学

高橋 昂也投手 花咲徳栄高校

山岡 泰輔投手 東京ガス

生田目 翼投手 流通経済大学

寺島 成輝投手 履正社高校

 

さて、阪神の現状ですが、今シーズンは64勝76敗と振るわない成績で、屈辱の4位Bクラスで終わりました。しかも3位の横浜に5ゲーム差もつけられての4位でした。

この不甲斐ない成績に、苛立ちを感じたファンも多いことでしょう。

 

試合の内容を見ていると、敗因は打てない打線もありますが、リリーフ陣の崩壊が顕著だった気がします。

ですので、まずは盤石な投手陣作りが課題になっていると思われるため、投手の補強を優先してドラフトに臨んでくると予想します。

 

一方で、鳥谷敬選手の後釜の獲得が必要とも報道されているとおり、内野手の獲得もポイントになってくるでしょう。

しかし、鳥谷選手ももう35歳と大ベテランなんですね。注目を一身に浴びて早稲田から阪神に入団したことを今でもよく覚えていますが、月日の経つのは本当に早いものです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

阪神の指名予想

以上を踏まえて、阪神の指名予想をしてみましょう。

 

まずは投手陣ですが、やはりこれは報道でもされていて、注目選手としても挙げた田中正義投手(創価大学)をドラフト1位で指名すると予想します。

 

佐野統括スカウトは「1位候補をみんなで意見交換しました。投手も野手もいます」と説明した。1位の最有力候補として、最速156キロ右腕の創価大・田中正義投手(4年=創価)を挙げる。

 

引用元:阪神、ドラフト1位候補再確認 田中、京田が有力 - 野球 : 日刊スポーツ

 

野茂級とも言われる2016年ドラフトの最大の目玉選手ですし、即戦力が欲しい阪神にとっては、どうしても欲しい選手でしょう。

競合することが避けられないため、抽選は要チェックですね。

 

そして、鳥谷選手の後釜候補として注目される野手ですが、報道にもあるとおり、日本大学の京田陽太内野手が有力です。2位以降だと獲得できない可能性があるので、投手を獲得した後は京田内野手の獲得に動くと予想します。

 

野手の最上位として、日大・京田陽太内野手(4年=青森山田)を位置づける。

 

引用元:阪神、ドラフト1位候補再確認 田中、京田が有力 - 野球 : 日刊スポーツ

 

その他では、以下の投手や野手にも指名するのでは、と注目されているのでご紹介します。

 

佐々木千隼(桜美林大/投手) 

<注目ポイント>

最速153キロの直球を投げ込む右スリークオーター。

(参考)阪神 桜美林大・佐々木千1位指名へ 高山当てた金本監督“神の手”再び ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

吉川 尚輝 ( 中京学院大学 /内野手)

<注目ポイント>

広島カープ菊池選手級の守備力・走力との評価も多い

(参考)阪神 中京学院大・吉川獲り本気!スカウト4人態勢、U18は視察予定なし ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

最新の情報では田中正義投手(創価大)、京田陽太内野手(日大)が最有力ですが、両選手が獲得できないことになった場合には、上記2選手の獲得に動くと予想します。

いずれも即戦力の有望選手ばかりなので、来シーズンの阪神の顔になることは間違いないでしょう。

未来の阪神のスター誕生を見逃さないようにしたいですね!

 

まとめ

いよいよ2016年のドラフト会議が始まります。

屈辱のBクラスに終わった阪神にとっては、来年のチーム体制を考える上でも非常に大事なドラフトとなりそうです。

やはり投手陣の復活が急務のため、1位指名はドラフトの超目玉選手である田中正義投手(創価大学)を予想します。仮に獲れなった場合や競合を避けた場合には、佐々木千隼投手(桜美林大)も十分にあり得ると考えます。

鳥谷選手の後釜として内野手の獲得に動くことも予想され、野手の1位指名は京田陽太内野手(日本大学)を予想します。こちらも仮に獲れなった場合や競合を避けるといった場合には、吉川尚輝内野手(中京学院大学)も十分考えられます。

紹介した4選手はいずれも即戦力の実力者ばかり。阪神入団が決まれば来年以降の阪神の顔となることは間違いないでしょう。

未来の阪神のスター誕生に目が離せませんね。

 

 

関連記事

2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた

【巨人】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認しよう

【広島】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をチェックしよう

【横浜DeNA】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認するぞ