読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【ソフトバンク】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を調査してみた

f:id:simple_life_design:20161009123848j:plain

2016年のドラフト会議がいよいよ始まります。

ソフトバンクにとって2016年は、最後の最後に優勝を逃してしまい、後味の悪いシーズンとなってしまいました。

来シーズン以降のチーム編成を考えていく上でも、非常に重要なドラフト会議となることは間違いないでしょう。

そんな注目のドラフト会議での注目選手から、ソフトバンクの指名予想をしてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ソフトバンクの歴代ドラフト指名

まずは、過去5年間のソフトバンクのドラフト指名者を確認しましょう。

「✖」となっているのは、指名したものの、獲得には至らなかった選手です。一番右端は出身を示しています。

 

<2015年> 
1位  高橋純平  投  県岐阜商
2位  小澤怜史  投  日大三島
3位  谷川原健太 捕  豊橋中央


<2014年> 
1位  松本裕樹  投  盛岡大付
2位  栗原陵矢  捕  春江工
3位  古沢勝吾  内  九州国際大付


<2013年> 
×   松井裕樹  投  桐光学園
×   杉浦稔大  投  国学院大
1位  加治屋蓮  投  JR九州
2位  森唯斗   投  三菱自動車倉敷
3位  岡本健   投  新日鉄住金かずさ


<2012年> 
1位  東浜巨   投  亜細亜大
2位  伊藤祐介  投  東北学院大
3位  高田知季  内  亜細亜大


<2011年> 
1位  武田翔太  投  宮崎日大高
2位  吉本祥二  投  足立学園高
3位  塚田正義  内  白鴎大

 

流石は盤石な投手陣を誇っていると言われているチームだけあって、徹底して上位指名は投手ですね。

投手を上位で指名するのは、他チームも同じなのですが、ここまで徹底しているのはソフトバンクの特徴ともいえると思います。

しかも王者の風格なのか、即戦力よりも高卒ルーキーを1位指名しているケースが多いですね。余裕が伺える結果になっています。

 

2016年ドラフト候補とソフトバンクの現状

次に2016年の主なドラフト候補の顔ぶれを見ていきますね。

以下でも紹介しているので、合わせてご確認頂けたらと思います。

 

(参考)2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

上記サイトでは注目選手として、以下の5投手を紹介しています。

どのチームも喉から手が出るほど欲しい超逸材選手ばかりです。もちろんソフトバンクの指名候補にもなってくることでしょう。

 

田中 正義投手 創価大学

高橋 昂也投手 花咲徳栄高校

山岡 泰輔投手 東京ガス

生田目 翼投手 流通経済大学

寺島 成輝投手 履正社高校

 

ソフトバンクの今シーズンは、最大で11.5ゲーム差という圧倒的な差をつけて首位を独走しながらも、最後の最後に日本ハムに逆転されてしまいました。

日本ハムが見事というしかありませんが、ソフトバンクにとっては屈辱的な終わり方になってしまいましたね。

敗因はやはり、最強と言われていた投手陣の失速が挙げられるでしょう。今季はベテランの和田毅投手の活躍が目立ったシーズンでした。日本に戻ってすぐのシーズンで最多勝を獲得する和田投手を褒めるべきだと思いますが、左投手を35歳のベテランに頼りっきりでは、今後のソフトバンクの未来は明るくないでしょう。

ですので、ドラフトでは投手を中心に、しかも特に左投手の獲得に動いてくると予想します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

ソフトバンクの指名予想

以上を踏まえてソフトバンクの指名予想をしてみましょう。

左投手の超目玉投手の指名が予想されますから、上記でも紹介した以下の2名の選手が有力と考えます。

 

【寺島 成輝(投手)】

身長:183cm

体重:86㎏

投球打席:左投左打

出身:履正社高校

<注目ポイント>

最速148キロの高校ナンバーワン左腕。

 

引用元:2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

【高橋 昂也 (投手)】

身長:179cm

体重:81㎏

投球打席:左投左打

出身:花咲徳栄高校

<注目ポイント>

自己最速は152キロ。本格派左腕。

 

引用元:2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

中でも、寺島成輝投手(履正社高校)がソフトバンクと相思相愛で指名候補の大本命のようんですね。

 

(参考)履正社・寺島 “ソフトBと相思相愛”で巨人・阪神のため息 | 日刊ゲンダイDIGITAL

 

高卒ナンバーワン左腕との呼び声も高い寺島投手ですから、例年、高卒候補者を積極的に獲得する傾向のあるソフトバンクにとっては、打ってつけの候補者と言えるでしょう。

しかし、上記の記事でも紹介されていますが、今や一番高校生の間で人気のある球団はソフトバンクなんですね。お金の面はもちろん設備や育成面でも一番いいイメージがあるのだとか。

昔は人気球団と言えば、巨人だったのですが、時代は変わるものです。

ソフトバンクの年俸は今や巨人を抜いて1位ですからね。まあ、当然と言えば当然なのかもしれません。

 

少し話がそれましたが、2位以降も左投手を指名してくるものと思われます。

ただ、有力な選手はほとんど取られてしまっている可能性が高いですから、そこは結果を見ながらということになりそうです。

 

まとめ

2016年のドラフト会議がいよいよ始まります。

今年のソフトバンクは、最後の最後に大逆転を許して優勝を逃してしまい、非常に後味の悪い形でシーズンを終えました。来年以降のチーム編成を検討していく上でも、非常に重要なドラフトになることでしょう。

今年の敗因は、やはり投手陣の失速が挙げられるでしょうから、ドラフトでも投手、特に左投手の獲得に動くことが予想されます。

その中でも、1位指名最有力候補は相思相愛とも言われている寺島成輝投手(履正社高校)でしょう。次いで、こちらも注目の左腕・高橋昂也投手 (花咲徳栄高校)も候補に挙がってくると予想します。

2位以降も左投手の指名が続くものと考えられますが、注目選手は2位以降ですと獲得できない可能性がありますから、そこは当日の様子を見ながらということになるでしょう。

 

関連記事

2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

【ソフトバンク】和田毅が最多勝へ!成績推移から年俸を予想してみよう

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について

【巨人】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認しよう