読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【横浜DeNA】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認するぞ

f:id:simple_life_design:20161008142310j:plain

球団初のクライマックスシリーズ進出となり、勢いに乗っている横浜DeNA。

若手の成長が目覚ましい横浜にとっては、来シーズン以降の躍進を占う上でも非常に重要なドラフト会議になることでしょう。

そんな注目の2016年ドラフト会議の注目選手から、横浜DeNAの指名予想を大胆にしてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

横浜DeNAの歴代ドラフト指名

まずはじめに横浜DeNAの過去5年間のドラフト指名者を第3位まで見ていきましょう。

「×」となっているのは、指名したものの、競合して獲得できなかった選手になります。一番右端は出身です。

 

<2015年> 
1位  今永昇太  投  駒澤大学
2位  熊原健人  投  仙台大学
3位  柴田竜拓  内  國學院大学


<2014年> 
×   有原航平  投  早大
1位  山崎康晃  投  亜大
2位  石田健大     投  法大
3位  倉本寿彦  内  日本新薬


<2013年> 
×   松井裕樹  投  桐光学園
1位  柿田裕太  投  日本生命
2位  平田真吾  投  ホンダ熊本
3位  嶺井博希  捕  亜大


<2012年> 
×   東浜巨   投    亜細亜大
1位  白崎浩之  内   駒沢大
2位  三嶋一輝  投   法大
3位  井納翔一  投   NTT東日本


<2011年> 
×   藤岡貴裕  投   東洋大
×   松本竜也  投   英明高
1位  北方悠誠  投   唐津商高
2位  高城俊人  捕   九国大付高
3位  渡辺雄貴  内   関西高

 

他チーム同様に上位指名者はいずれも投手ですね。

2014年ドラフト1位の山崎康晃投手なんかは文字通り即戦力で、新人王獲得と共に、新人シーズンセーブ数の最多記録を樹立しました。「小さな大魔神」なんていう愛称でも親しまれ、入団一年目から大活躍でしたね。

 

また、ルーキー今永昇太投手や2年目の石田健大投手の両左腕も活躍していますから、横浜DeNAのドラフトは近年成功しているといえるでしょう。

 

投手の活躍の話が続く中で、2012年のドラフト1位で入団した白崎浩之内野手が目立ちますね。やはり投手が1位指名となることが多いですから、逆に野手で1位指名というのは超期待選手と言えます。

筒香選手も1位指名で今や日本代表の4番ですね。

ただ、これまでの白崎選手の成績をみると、まだまだこれからといったところでしょうか。今後の活躍に期待したいですね。

 

2016年ドラフト候補と横浜の現状

次に2016年のドラフト候補の注目選手を確認しましょう。

以下のサイトでも紹介していますから、合わせて確認してみて下さいね。

 

(参考)2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

上記サイトでは、以下の5投手を紹介させて頂いております。

 

田中 正義投手 創価大学

高橋 昂也投手 花咲徳栄高校

山岡 泰輔投手 東京ガス

生田目 翼投手 流通経済大学

寺島 成輝投手 履正社高校

 

いずれも超注目選手で上位指名が予想されます。

横浜DeNAにとっても、指名候補に当然挙がってくるでしょう。

 

続いて、横浜のチーム事情ですが、2016年のシーズンは球団初のクライマックスシリーズ進出を果たすなど勢いに乗っています。

監督もラミレス監督に代わり、去年にも増して若手がのびのび活躍できる環境が整ってきた印象を受けます。

事実、先ほど挙げたルーキー今永昇太投手や2年目の石田健大投手をはじめ、若手の活躍が目立ちますよね。

 

となると、今年も更にこの勢いを加速すべく、高校生をはじめとした若手有望株の獲得に力を入れてくると予想します。ある程度選手層が安定してきた横浜では、即戦力まで期待せずとも将来のスター候補を高校生から積極的に獲得することも考えられます。

若手にも積極的にチャンスを与えるラミレス監督の元であれば、高校生であっても十分成長そして活躍できそうです。

 

投手力が上がってきているとはいえ、チーム防御率はヤクルトに次ぐワースト2位ですから、やはり投手の補強がポイントになってくるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

横浜の指名予想

以上を踏まえて、未来のエース候補として横浜高校の藤平尚真投手を1位指名で獲得に動くと予想します。

 

昨年までは即戦力選手の1位指名が目立ちましたが、クライマックスシリーズへの進出を決めるなど、戦力は安定してきており高校生獲得も十分あると考えました。

 

また、球団の方針としても地域密着を進めているようで、何と横浜高校出身者は6人も在籍しています。筒香選手も横浜高校出身ですね。

 

地域密着も進めており、横浜高出身者は全て野手で6人在籍。09年に1位で指名した筒香は日本代表の4番を背負うまでに成長した。さらに、南場智子オーナーは「若い選手が成長して活躍するチームという伝統をDeNAベイスターズが築いていきたい」と若手育成路線でのチーム強化方針を掲げており、そのいずれにも藤平は合致する。

 

引用元:DeNA 横浜高・藤平獲り 153キロ右腕、今秋ドラ1有力候補に ― スポニチ Sponichi Annex 野球

 

また、オーナーの南場智子氏も若い選手が成長して活躍するチームという伝統を築きたいと発言されており、まさに藤平尚真投手がうってつけと言えるでしょう。

横浜の将来のエースになって欲しいですね!

 

2位以降も投手を指名してくることでしょう。

地域密着という点を考えると、以下の選手を注目選手として挙げさせて頂きます。

 

高橋拓巳(桐蔭横浜大/投手)

<注目ポイント>

最速146キロを誇るスピードに加え制球力も高い本格派左腕

 

進藤拓也(JR東日本/投手)

<注目ポイント>

横浜商大出身のサイドハンドMAX153キロのスピードを誇る右腕

 

更に盤石な投手陣が築ければ、優勝する日も近いかもしれませんね。

 

まとめ

いよいよ2016年のドラフト会議が始まります。

球団初のクライマックスシリーズ進出となった横浜にとって、更なる飛躍が出来るかを占う大事なドラフトになりそうです。

やはり防御率がリーグワースト2位ということもあり、投手陣を中心に指名することが予想されます。

地元密着で若手を成長させるというチーム方針があることから、藤平尚真投手(横浜高校)を1位指名すると予想します。

また2位以降も地元密着という観点から、高橋拓巳(桐蔭横浜大)、進藤拓也(JR東日本)の2選手を挙げさせて頂きました。

来シーズンの横浜の躍進を予想する上でも、2016年ドラフトは要チェックですね!

 

関連記事

2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

セ・リーグ2016個人成績タイトルまとめ!2017年俸予想もしてみた

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について

クライマックスシリーズのチケット先行発売日や買い方は?当日券から値段も調べた

【巨人】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手を確認しよう