読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

上田藍の身長・体重!トライアスロンの記録からリオ五輪メダル可能性を考察

リオ五輪日本女子代表の上田藍選手。

32歳という年齢ながら、記録は上昇中で2016年は世界ランク4位。これまでにないベストなコンディションでの五輪挑戦になるのだとか。

直近の世界大会でも3位に入るなど、メダル獲得の期待も高まります。

そんな上田藍選手の身長・体重といった基本的なプロフィールや記録から、リオ五輪でのメダルの獲得を大胆に予想してみました!

 

f:id:simple_life_design:20160811122112j:plain

 

上田藍選手のプロフィール

はじめに上田藍選手の簡単なプロフィールを確認しましょう。

 

名前:上田 藍(うえだ あい)

所属:シャクリー・グリーンタワー・稲毛インター

出身高校:京都府立洛北高等学校卒業

生年月日:1983年10月26日(32歳)

出身: 京都府

身長:155cm

体重:44kg

 

身長は155cm、体重は44kgです。

日本人女性の30歳の平均は、身長158cm、体重51㎏程度ですから、平均より大分小さいことが分かりますね。パワフルな競技ですし、もっと大きいイメージがありましたから意外でした。

 

2016年世界ランク1位~3位までの選手の身長・体重そして年齢を調べてみましたが、以下の通りバラバラですね。

 

世界ランク1位:フローラ・ダフィ(BER)       164cm  58㎏ (28歳)
世界ランク2位:ジョディ・スティンプソン(GBR)   170cm  ⁇㎏ (27歳)
世界ランク3位:グウェン・ジョーゲンセン(USA) 178cm  57㎏ (30歳)

 

水泳・自転車・マラソンの3つの種目の総合競技ですから一概にこの体格が有利といったものはなさそうです。

年齢は28歳から30歳といったベテラン勢が上位を独占していますね。

経験がものを言うスポーツなのかなと推測されます。

その点、上田選手は32歳のベテランですので、これまでの経験値は有利に働きそうですね。

 

ちなみに、リオ五輪を楽しむ前にまずはトライアスロンがどんな競技なのか改めておさらいしておきましょう。

 

アイアンマンの「ロング・ディスタンス」はスイム3.8km、バイク180km、ラン42.195km(フルマラソン)。これに対して、五輪の「ショート・ディスタンス」はスイム1.5km、バイク40km、ラン10km。別名「オリンピック・ディスタンス」とも呼ばれている。女子の優勝タイムは平均2時間前後と、マラソンの世界記録よりも短い。

 

引用元:<トライアスロン女王への挑戦> 上田藍 「金メダルまで39秒」 - その他スポーツ - Number Web - ナンバー

 

色々と大会によって、距離は異なるみたいですね。

ロングディスタンスが採用される大会では、遠泳3.8㎞、自転車180㎞、マラソン42.195㎞(フルマラソン)でトータル約225㎞になります。

東京から静岡までが約200㎞ですから、それ以上の距離を泳いで漕いで走るわけです。

鉄人レースなんて言われ方もしますけど、想像するだけで恐ろしいスーパーハードな競技であることが分かります。

 

オリンピックでは、比較的短めの「オリンピック・ディスタンス」が採用されるようですね。

遠泳1.5㎞、自転車40㎞そしてマラソン10㎞で、トータル51.5㎞です。

短いといっても、50㎞以上ですからね。タイムは約2時間前後ということですから、ハードな鉄人レースであることは間違いありません。


これまでの記録推移

次に上田選手のこれまでの主な記録をみていきましょう。

以下が前回五輪大会からの主な記録です。

 

2012年 ロンドンオリンピック 39位

2014年 第17回アジア競技大会(仁川)金メダル

2016年世界シリーズ・横浜大会第3位

 

前回のロンドン五輪は、39位と振るわない成績でしたが、注目は年々成績を上げている点です。2014年にはアジア大会で金メダルを獲得されていますし、つい先日の2016年5月には、世界の強豪が集う中、堂々の3位に入っています。

 

年齢と共に、まさに日々成長中の上田選手。これはリオ五輪での活躍が楽しみですね。


気になるメダルの可能性

やはり五輪といえば、気になるのはメダルの獲得可能性でしょう。

世界大会で3位に入るほどの実力者ですし、2016年は世界ランク4位でのリオ五輪出場になりますから、メダルは圏内といって過言ではないでしょう。

 

本人も今回のリオ五輪には相当な手ごたえを感じているようで、壮行会でも以下のような発言をされています。

 

五輪メダルを射程圏に入れて「金メダルの夢と、現実が近づいてきた自信がある」と胸を張った。

 

引用元:トライアスロン上田藍、リオでのメダル獲得を誓う - トライアスロン : 日刊スポーツ

 

直近の大会で記録を残せていることと、世界ランク4位という実績が自信を確固たるものにしているのでしょう。

リオ五輪は、彼女にとって3回目のオリンピック。3度目の正直で是非悲願のメダルを獲得して欲しいですね!

 

期待も込めて、大会では銅メダルを予想します。

試合後の素敵な笑顔を期待しましょう!

 

最後にリオ五輪トライアスロン女子の日程(日本時間)を記しますね。

 

8/20(土)23時~

 

お盆休みかつ、土日休みでもありますから、当日は家族団らんで応援するのもいいですね。


まとめ

リオ五輪女子トライアスロン日本代表の上田藍選手。

自身3回目のオリンピックは、自信も実力も兼ね備えたベストなコンディションでの大会出場になりそうです。

2016年は世界ランク4位ですし成績も上昇傾向ですから、メダル獲得に大いに期待です。

頑張れ、上田選手。応援しましょう!

 

関連記事

佐藤優香の身長・体重!かわいい美人アスリートの記録からメダル可能性まで