読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

大谷翔平の2017年俸はなぜ3億超えない?理由と適正額はいくらか考えた

f:id:simple_life_design:20161205184026j:plain

2016年12月5日(月)に日本ハムの大谷翔平選手の契約更改が行われ、2.7億円でサインしました。

この金額は高卒5年目としては史上最高額となるのですが、成績だけから考えると「安い!」「低いのでは?」と思った方も多いのではないでしょうか?

そんな大谷翔平選手の契約更改について、年俸適正額や今回3億円を超えなかった理由を考えてみました!

いやーしかし何をやっても話題になる選手ですよね。本当に今後の活躍が楽しみでなりません。応援しています!

 

スポンサーリンク

 

 

 

大谷翔平選手の2016-2017の契約更改金額は2.7億円!

2016年12月5日(月)に日本ハムの大谷翔平選手が契約更改を行い、今季の2億円から7千万円UPとなる2.7億円でサインしました。

これは入団5年目の高卒選手として史上最高額となりました。

 

これまでの高卒5年目の過去最高額は、同じく日本ハムの先輩であるダルビッシュ有投手の2.7億円でした。要は同額ですね。

 

普通に考えれば、2.7億円と聞くと「もらい過ぎでは?」と思うところですが、大谷翔平選手に限っては「安いのでは?」と思ってしまったのは私だけでしょうか。

 

成績はもちろん、彼の集客効果、そして日本一への貢献度合いを考えれば、前年比7000万円UPは低すぎるのではと感じました。

そう思わせてしまうだけでも、大谷翔平選手が凄すぎるんですけどね笑

 

「安い!」「低すぎ?」成績からみた年俸適正額は?

ですので、2016年シーズンの成績から年俸適正額がいくらになるのか、簡単に考えてみました。

 

まず2016年の成績ですが、投手部門と打者部門とに分けて見てみましょう。

 

まずは投手部門です。

 

<投手部門>

10勝4敗 防御率1.86 投球回数140イニング

 

なんと打者としてあれだけ活躍しておきながら、きちんと二桁勝利をあげているんですね。

規定回数が143イニングと決まっているため、僅かに到達できませんでしたが、防御率は最優秀防御率を獲得したロッテの石川歩の2.16を上回る記録です。

あと3イニングなんてほとんど誤差ですからね。1.86と2.16の差をみても、実質の最優秀防御率は大谷翔平だったといっても過言ではないでしょう。

 

続いて打者部門です。

 

<打者部門>

打率.322、22本塁打、67打点、104安打(104試合出場)

 

投手として、二桁勝利をマークしながらも、104試合も打者として出場しています。

そして、驚くべきは打率です。

3割超えれば、一流打者と言われるのでもちろん凄いことですが、この.322は首位打者であるロッテの角中勝也選手の.339こそ及ばなかったものの、2位である日本ハムの西川遥輝選手の.314は上回る成績なんです。

こちらも規定打席こそ達していないものの、出場試合数を考えれば実質打率2位だったと言っても、言い過ぎとはならないでしょう。

 

事実、ベストナインは日本プロ野球界としては初となる投手と打者(指名打者)の両2部門で獲得していますし、MVPにも選ばれています。

これは、投手も打者もシーズンを通じて超一流だったということを意味しています。

 

だとすると、ベストナインに選ばれる選手というのは、2億円超えは当たり前の選手ばかりですから、少なく見積もっても投手2億円+打者2億円=4億円は最低ラインとしては普通に考えれば適正だと考えます。

 

ベストナインに選ばれる選手には当然3億円超えもゴロゴロいますから、もっと見積もってもいいとは思いますが、そこは規定回数、規定打席を達していない部分を考慮すれば最低4億円は妥当なのかなと考えました。

 

報道でも事前予想では、「3億円確実!」なんて情報も多く出ていましたからね。

私も5億円位でないとあまり驚かないかなと思っていました。

 

それが2.7億円ということですから、これは相当な割安感だなと感じた野球ファンも多かったのではないでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

3億円いかなかった理由について

では、4億円はおろか、3億円にもいかなかった理由について考えてみましょう。

何度もいいますが、2.7億円でも凄いことなのですが、何せ大谷翔平選手ば別格の選手ですからね笑

 

理由として以下3つを考えてみました。

 

①更なる飛躍への球団側の期待の表れ

大谷翔平選手ですから、金額を挙げたところであまりモチベーションが揺らいだりはしないと思いますが、ここで3億円としてしまうとダルビッシュ有投手超えになってしまいますからね。

ダルビッシュ有投手と同額とすることで、まだまだ現状に満足して欲しくないという球団側の期待も入っているのではないかなと思います。

 

②球団財政事情の問題(来年以降の上げ幅のバッファー確保)

①は良く捉えた形にはなりますが、もし今年5億円といった金額を提示してしまうと、来季(メジャー含めて)以降の進路がどうなるか分かりませんが、仮に日本ハムと契約することとなり更にUPが必要となったとき、流石に球団財政事情を考えると厳しいと考えたのではないでしょうか。

もちろん来シーズンの活躍次第となりますが、大谷翔平選手の成長ぶりを考えれば、更なる活躍は容易に想像できますからね。

 

③同じ日本ハムの中田翔選手に気をつかった

日本ハムの中田翔選手が2.8億円で既に契約にサインしています。

1000万円だけ、中田翔選手の方が上なんですよね。

大谷翔平選手はまだ5年目ということもあり、先輩をたてる上でも中田翔選手の少し下としたという面もあるのではないかと思います。

中田翔選手も、大谷翔平選手には白旗を上げていましたし、5年目で球団最高額となっても思い上がるようなタイプではないとは思いますけどね。

まあちょっとっした大人の事情もあるのかもしれません。

 

ちなみに大谷翔平選手は自身の契約更改については以下のとおりコメントしているみたいですね。

 

大谷はこれまで、契約更改について「他人の年俸は興味ないです。自分の年俸もそう(興味なし)です。お金について、どうこう言うつもりはないです」と語っていた。

 

引用元:大谷2・7億円、ダルに並ぶ入団5年目球団最高額 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

 

本当に21歳にしては出来過ぎたコメントですよね~

素晴らしすぎます。。。

 

以上、真実は分かりませんが、3億円いかなかった理由を簡単に考えてみました。

 

 

まとめ

2016年12月5日(月)に大谷翔平選手の契約更改が行われ、2.7億円でサインしました。

事前報道では3億超えは当然という情報が多かったため、「低すぎるのではないか」と思った方も多いのではないでしょうか。

成績だけから考えた場合、少なく見積もっても4億円(投手2億円+打者2億円)はあっても特に驚かないと思います。

3億円届かなった理由としては、①球団の今後の更なる期待の表れ②球団の財政事情③中田翔への気づかい等が考えられます。

いずれにしても、本当に楽しみな選手です。引き続き要注目ですね。応援しています!

 

関連記事

【大谷翔平】血液型と能力の関係は?最速記録や二刀流で海外の反応にも迫る! 

大谷翔平の身長体重や成績!2017年俸はメジャー級確実?

【日本ハム】2016-2017契約更改の交渉結果まとめ!年俸ランキングもリサーチ