読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

未来トランクス編の次の予想は全宇宙武道大会?視聴率や主題歌もチェック【ドラゴンボール超】

f:id:simple_life_design:20161119180119p:plain

大人気アニメ「ドラゴンボール超」の「未来トランクス編」もいよいよ決着しました。最後のトランクスがザマスを切り裂くシーンに感動した方も多いのではないでしょうか。

ストーリー的にも非常に見ごたえがあり「未来トランクス編」の視聴率はワンピースに並ぶなど絶好調なんだとか。

そんな大注目の「ドラゴンボール超」について、気になる次の新章予想から視聴率や主題歌まで調べてみました。

大人から子供まで楽しめる最高傑作アニメの次の展開から目が離せませんよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 

「未来トランクス編」もいよいよ決着!

「未来トランクス編」ではとうとう第66話で、トランクスがみんなのパワーが詰まった剣で、ザマスを切り裂きました。

悟空とベジータがポタラで合体したベジットを上回るトランクスの設定に、違和感を覚えたドラゴンボールファンも多いかと思いますが、バックに流れるBGMといい、非常に感動できるシーンだったかと思います。

その昔、孫悟飯が怒りを爆発させて、セルを倒すシーンを思い出しました。

 

やはり「未来トランクス編」ということで、主役はあくまでトランクスだった訳ですね。

個人的にはベジットのシーンをもう少し見たかったです笑

ベジットについては、どこかでもう一度見れることを期待します!

 

新章の予想は全宇宙の天下一武道会?

そして気になるのが、「未来トランクス編」後のストーリー展開です。

現在66話ということで、噂では100話まで続くということですから、まだまだ先のストーリーがありそうです。

 

そんな中、次の予想として挙がっているのが、全宇宙の戦士を集めた武道会が開幕されるのでは、というものです。

これは第67話の予告に、全王様が登場しているところから予想されるものです。

全王様については、以下で詳しく紹介していますので、合わせてご確認下さいね。

 

(参考)全王様の戦闘力や声優!ボタンを貰った悟空やザマスとの関係は?【ドラゴンボール超】

 

全ての頂点にたつ全王様が以前登場した際に、「いつか全宇宙の戦士を集めて試合をしたい」ということを言っているんですね。

 

そして、その後に悟空を自分の家に呼び出して、ザマスとの決着が着いたら一緒に遊ぶことを約束させ、全王様をいつでも呼び出すことのできるボタンを悟空に渡しています。

 

ですので、ザマスとの決戦が終われば、約束どおり悟空と全王様は会うことになり、その際に悟空も待ち望んでいた全宇宙の戦士を集めた天下一武道会のようなものが行われるのでは、というのが次の新章の予想となります。

 

これまで全王様は最初に登場した時から非常に気になるキャラクターでして、伏線がはられた状態が続いていたように感じます。

第67話以降で明らかになるでしょうから、これは要チェックですよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 

視聴率や主題歌のチェック

最後に「ドラゴンボール超」の視聴率や主題歌もチェックしておきましょう。

まず視聴率ですが、「未来トランクス編」になってから、視聴率は好調を維持しています。

 

『ドラゴンボール超』は初回放送こそ7.9%という高視聴率を記録したが、「破壊神ビルス編」「フリーザ復活編」が放送されている間は最低で4.7%まで落ちるなど低迷。しかしその後の「破壊神シャンパ編」で徐々に数字が回復し、現在放送の「“未来”トランクス編」では、過去最高の8.4%を記録するまでになった。

 

引用元:『ドラゴンボール超』が『ワンピース』と視聴率で並ぶ!! 大企業を支えるDBの現役っぷりが凄すぎる!! - エキサイトニュース(2/2)

 

一時期は4.7%台まで低迷しましたが、「未来トランクス編」では過去最高の8.4%を記録しました!

これは「ストーリーが面白い!」と純粋に視聴者に評価された結果だろうと思います。

なんと驚くべきことに、「ワンピース」の視聴率と並んでいるのだそうです。

 

ドラゴンボールは誕生から30年以上経っているのですが、これは本当に凄いことです。今回の作品は鳥山明先生が手掛けているというのも大きいのでしょうね。

 

未来トランクス編以降の新章も楽しみでなりません!

 

主題歌ですが、現在のオープニング曲とエンディング曲は以下のようになっています。

 

<オープニング曲>

「超絶☆ダイナミック!」(歌:吉井和哉) 

<エンディング曲>

「炒飯MUSIC」(歌:アルカラ)

 

ドラゴンボールの主題歌といえば、個人的にはやはりドラゴンボールZのOP曲、影山ヒロノブさんの「CHA-LA HEAD-CHA-LA」が一番印象的ですね。

今だに口ずさんでしまいますし、カラオケで歌えば盛り上がること間違いなしです。

 

どうしてもこの楽曲と比べてしまうと、、、となることが多いのですが、「超絶☆ダイナミック!」はすっかりドラゴンボールの主題歌として定着しているように思います。

力が湧いてくるような楽曲を、ということで吉井和哉さんが作られたのですが、まさに元気になれる素晴らしい主題歌ですね。

 

オープニング曲は、一貫して「超絶☆ダイナミック!」から変更ございませんが、エンディング曲はこれまでになんと5曲も変わっています。

結構な変更頻度ですよね笑

 

<過去のエンディングテーマ一覧>

「よかよかダンス」(歌:ばってん少女隊)

「Forever Dreaming」(歌:Czecho No Republic)

「薄紅」(歌:LACCO TOWER)

「スターリングスター」(歌:KEYTALK)

「ハローハローハロー」(歌:グッドモーニングアメリカ)

 

個人的には、最初聞いた時「えっ?」と思いましたが、やたらと耳に残る「よかよかダンス」が結構好きでした笑

毎回変わる度に話題になりますが、この変更ペースを考えるともう何回か新しいエンディング曲に出会えそうですね。こちらも楽しみにしましょう!

 

 

まとめ

「ドラゴンボール超」も第66話で見事トランクスがザマスを破り、決着しました。

気になるその後の新章ですが、全宇宙の戦士たちを集めた武道大会が予想されています。

これは過去に、全王様がやりたいと言っていたことに加え、ザマスとの決着が着いたら遊ぶ約束を全王様が悟空としていたことから推測されるものです。

「ドラゴンボール超」の視聴率は「未来トランクス編」になってから絶好調で「ワンピース」に並ぶ勢いなんだとか。

主題歌はエンディングはこれまでに6曲採用されており、これからも新しい楽曲に出会えそうです。こちらも楽しみにしましょう!

 

関連記事

全王様の戦闘力や声優!ボタンを貰った悟空やザマスとの関係は?【ドラゴンボール超】 

鳥山明の年収や資産は?過去の売上実績や年齢についても 

【ドラゴンボール超】ピラフ一味のマイがなぜ?声優や年齢設定についても