読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【日本ハム】2016ドラフト候補と指名予想は?注目選手をチェック!

f:id:simple_life_design:20161009151545j:plain

2016年もクライマックスシリーズが終わると、ドラフトの季節がやってきます。

2016年の日本ハムは、大谷翔平選手をはじめとした若手の活躍で4年ぶりに優勝を果たしました。

このいい流れを止めないためにも、ドラフト会議は非常に重要なものになってきます。

日本ハムのドラフト指名のポリシーは「その年で一番いい選手を指名する」というスタンスを貫いているため、誰を指名するのかは非常に注目です。

そんな注目の2016年ドラフト会議において、ドラフト候補から日本ハムの指名予想をしてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本ハムの歴代ドラフト指名

最初にこれまで過去5年間の日本ハムのドラフト指名者を確認しましょう。

✖となっているのは、指名したものの、競合して獲得には至らなかった選手になります。一番右端は出身を示しています。

 

<2015年>

×   高橋純平   投  県岐阜商
×   小笠原慎之介 投  東海大相模
1位  上原健太   投  明治大学
2位  加藤貴之   投  新日鉄住金かずさマジック
3位  井口和朋   投  東京農業大学北海道オホーツク


<2014年> 

1位  有原航平   投  早大
2位  清水優心   捕  九州国際大付
3位  浅間大基   外  横浜


<2013年> 

×   松井裕樹   投  桐光学園
×   柿田裕太   投  日本生命
×   岩貞祐太   投  横浜商大
1位  渡辺諒    内  東海大甲府
2位  浦野博司   投  セガサミー
3位  岡大海    内  明大


<2012年> 

1位  大谷翔平   投  花巻東高
2位  森本龍弥   内  高岡第一高
3位  鍵谷陽平   投  中央大

 

<2011年> 

1位  菅野智之   投  東海大
2位  松本剛    内  帝京高
3位  石川慎吾   外  東大阪大柏原高

 

傾向は他チームと同様に、投手が上位を占めています。

日本ハムのドラフトでのスタンスは、一貫して「その年で一番いい選手を指名する」というものです。

2012年の大谷翔平選手はもちろん、獲得には至らなかったものの、2011年菅野智之投手や2013年松井裕樹投手といったその年の目玉候補を迷いなく指名しています。

そういった意味でも日本ハムが誰を指名するかは見物ですね。

 

2016年ドラフト候補と日本ハムの現状

次に2016年の注目ドラフト候補ですが、以下のサイトも合わせてご確認いただけたらと思います。

 

(参考)2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

 

上記サイトでは、以下の5投手を紹介しました。

 

田中 正義投手 創価大学

高橋 昂也投手 花咲徳栄高校

山岡 泰輔投手 東京ガス

生田目 翼投手 流通経済大学

寺島 成輝投手 履正社高校

 

どの選手も即戦力が期待できる、超目玉候補です。重複指名は避けられないでしょう。

 

さて、そんな中での日本ハムの現状ですが、2016年のシーズンは念願の4年ぶりの優勝を果たしました。

大谷翔平選手の活躍はもちろん、若手が大活躍した印象が強いシーズンとなりました。

これからも若い戦力で常勝チームとなっていくためにも、ドラフトでどういった選手を獲得できるかは非常に重要になってくると言えるでしょう。

 

中でも補強しておきたいのは、ピッチャーでしょう。

リーグトップの防御率を誇っておりますが、これまで日本ハムのリリーフ陣として活躍してきた宮西尚生投手が若干の陰りを見せているなど、今後のためにも投手の補強はしておきたいところ。

若い選手が入ってくることで、ベテラン勢も刺激になっていい好循環が生まれることも期待できます。

盤石な投手陣をしっかりと築くことが出来れば、連覇も決して難しくないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

 

日本ハムの指名予想

以上を踏まえて、日本ハムの指名予想をしてみましょう。

 

「今年一番の選手を指名する」という球団の方針は変えないとのことなので、投手で一番いい選手といえば、田中正義投手(創価大学)なので、指名が有力と見られていました。

 

ただ、ここへきて少し状況が変わってきているようです。

 

左腕の履正社(大阪)寺島成輝投手(3年)、右腕で夏の甲子園で優勝した作新学院(栃木)今井達也投手(3年)の評価が上がり、本命視されていた最速156キロ右腕の創価大・田中正義投手(4年=創価)を含めた3人の中から、最終的に決断するとみられる。

 

引用元:日本ハム1位候補に履正社・寺島、作新学院・今井 - 野球 : 日刊スポーツ

 

寺島成輝投手(履正社高校)と今井達也投手(作新学院高校)の評価も上がってきており、こちらに田中投手を加えた3人の中で、どうするか迷っている状況とのこと。

 

寺島成輝投手は先ほど紹介しましたが、作新学院の今井達也投手も超目玉選手の一人です。2016年の甲子園優勝投手ですから、名前を聞いたことがある方も多いかもしれませんね。簡単に以下のとおり紹介しますね。

 

今井達也(作新学院/投手) 

<注目ポイント>

最速152キロのストレートに加え、スライダーが武器。2016年夏の甲子園優勝投手。

 

コントロールに若干課題があるため、上記では紹介しませんでしたが、潜在能力は素晴らしいものがあります。何せ、甲子園優勝投手ですからね。

 

この3投手の中から、いずれかが指名されることでしょう。

誰になっても今後の日本ハムの顔となることは間違いないでしょうね。

 

個人的な予想では、これまで高卒を獲得して成功した例が続いている印象が強いので、寺島成輝投手(履正社高校)を1位指名すると予想します。

 

しかし、日本ハムの「その年の一番いい選手を指名する」というポリシーは分かりやすくていいですね。選手にとって日本ハムから指名されることは非常に名誉なことになりますし、見ているファンにとっても指名が非常に楽しみになります。

 

まとめ

2016年のドラフトがいよいよ始まります。

2016年日本ハムは大谷翔平選手をはじめとした若手選手の活躍により、4年ぶりのリーグ優勝を果たしました。

一つ課題を挙げるとすれば、若干の陰りがみえている投手陣の補強でしょう。

また日本ハムのドラフト指名のポリシーとして「その年の一番いい選手を指名する」というものがありまして、その観点からも、田中正義投手(創価大学)、寺島成輝投手(履正社高校)、今井達也(作新学院)の3選手に絞られているようです。1位指名はこの中から間違いなくされると予想します。

個人的には近年の高卒を獲得して成功している印象が強いので、寺島成輝投手(履正社高校)を指名すると予想します。

どの選手になっても獲得できれば、日本ハムの顔となることはまず間違いないですから、要チェックですね。未来の日本ハムのスター誕生を見逃さないようにしましょう!

 

関連記事

2016ドラフト会議の日程や放送時間は?注目選手・候補者の予想まとめ

【日本ハム】中田翔が打点王へ!成績推移から年俸を予想しちゃうぞ

クライマックスシリーズのルール!ホーム球場や延長・予告先発について

日本シリーズの日程とホーム球場や延長・予告先発などのルールについて