読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

築地市場移転の理由や場所!跡地の利用予定と時期はいつ?

f:id:simple_life_design:20160821151421j:plain

2016年11月に移転予定の築地市場。

ただ、ここにきて土壌汚染等の問題が顕在化して移転計画に暗雲が立ちこめています。

移転時期はどうなってしまうのか。

東京最後の大型物件とも言われている跡地はどうなるのか。

そんな何かと話題の築地市場について歴史・移転理由から跡地や移転時期までリサーチしてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

築地市場と移転理由

そもそも築地市場っていつからあるかご存知でしょうか。

調べてみると何と開場したのは、もう80年以上も前の1935年

戦前から日本の卸売り市場として経済の発展に貢献してきたのですね。

 

さすがに80年も経つと施設は当然老朽化しますし、取引量の拡大から交通渋滞等も頻繁に発生することになったことから、敷地内の再整備や移転の話は昔からなされてきました。

 

当初は築地市場の営業を続けながら再整備することも検討していたようですが、営業しながらですと市場にも影響があるとの懸念から、既に2001年には移転する大枠は決まっていたようです。もう15年も前から移転の検討がされていたんですね。

 

移転場所や時期について

そして、築地市場は豊洲に移転することが決まり、時期は2016年11月7日に決定しました。

豊洲が選ばれた理由としては、「敷地の広さ」「交通のアクセス」「築地からの近さ」の全部の条件を満たしていることが上げられます。

(参考元)豊洲市場Q&A|TOKYO ICHIBA PROJECT

 

しかし、直前になって大分雲行きが怪しくなってきたのが現状です。

 

移転先予定地「豊洲」が東京ガスの工場跡地だったことから、有害物質などによる土壌や地下水の汚染が、ここにきて表面化してきているというのです。

食品を扱う市場ですから、特にこの問題は致命的ですよね。

 

これを大きな問題と捉えた小池新都知事は早速施設を視察して、「日程第一ではなく納得や安心を優先させる」と発言しています。

 

16日、東京都の小池百合子知事は、築地市場(中央区)と豊洲新市場(江東区)の施設を視察。移転を延期するかどうかの結論は先送りしたものの、「日程第一ではなく“納得”や“安心”」を優先させる意向を明らかにした。

 

引用元:【築地市場の豊洲移転】「日程より“納得”“安心”を優先」小池百合子都知事(池上正樹) - 個人 - Yahoo!ニュース

 

リオ五輪の閉会式に知事は出席され、帰国後に延期か否かについて言及されるとのことですから、注目ですね。

 

しかし東京五輪の国立競技場の問題しかり、何で直前になってこういった問題が顕在化してくるのでしょうか。

企業では納期が急に変更になるなんてあり得ない話ですよね。少なくとも納得のいく説明は求められます。

 

今回のケースを調べてみると、問題となることが分かっていたのに、強引に2016年11月に決めてしまった背景には、東京五輪開催の決定が大きく関係しているようです。

 

東京五輪の選手村と競技場をつなぐ主要道路(環状2号線)の建設計画に築地市場の跡地が予定されているんですね。だから、もう頭は東京五輪に行ってしまって、とりあえず「えいや!」という感じでスケジュールをおいたのだと推測します。

 

まあ、政治は何やっても批判される世界ですから、ある程度トップダウンで決めるしかないこともあるでしょうが、もう少し丁寧な方法で決めていってもらいたいものです。 

 

スポンサーリンク

 

 

 

気になる跡地をリサーチ

そんな移転の日程も決まっていないままの築地市場ですが、跡地はどうなるのでしょうか。

 

先ほど東京五輪に向けた主要道路(環状2号線)の建設計画が予定されていると書きましたが、それ以外は今のところ白紙のようですね。

舛添前都知事も2015年の段階では、色々な人の意見を聞いて豊洲に移転されてからじっくりと考えていけばいいと述べています。

 

立地といい大きさといい桁違いな大型物件ですからね。

東銀座駅から徒歩15分で、大きさも東京ドーム約5個分になるそうです。

東京最後の大型物件という噂です。

 

本格的な開発は五輪後になるのでしょうが、いくつか案が出ているようですので、ご紹介しますね。

 

2014年:米MGMリゾーツCEOジェームス氏

「最終的には東京都がどうしたいかによるが」と前置きをした上で、「カジノ建設候補地の1つとして検討している」

 

2015年2月:矢田美英区長

「野球場やサッカー場などのスポーツ施設、またはテーマパークなどが良い。マンションやオフィスではなくにぎわいをもたらす施設にしてほしい」

 

2015年10月:堀江貴文氏

「築地の市場跡地にサッカー専用スタジアムを建設し、ショッピングモール、フードコート、ホテルを収容すればいい」

(参考元)https://www.kenbiya.com/news/1694/

 

カジノや野球場・サッカー場と何とも夢のある話ですね。

個人的には、矢田区長がおっしゃるとおり、マンションやオフィスでない、観光スポットにして欲しいですね。また東京に行くのが一つ楽しくなりますし!

 

まだまだ未定ではありますが、2016年には以下のような記事もありました。

 

11月に豊洲市場(東京都江東区)に移転する築地市場(東京都中央区)の跡地を巡り、大手不動産会社が野球場やサッカー場などのスポーツ施設とショッピングモールなどの商業施設を併設する建設計画を進めていることが5日、分かった。

 

引用元:築地市場跡地に“スタジアム”建設案…五輪後に再開発へ : スポーツ報知

 

矢田区長とホリエモンさんのお二方の案を合算したような形です。

カジノという選択肢はやはりこのご時世難しかったのでしょう。

 

ただ、まだまだあくまで案ベース。東京五輪後の楽しみとして引き続き注目していきたいですね!


まとめ

築地市場から豊洲市場への移転は一時は2016年11月と決まっていましたが、ここにきて土壌汚染の問題等が顕在化して日程は不明なままです。

リオ五輪後に小池都知事が移転方針について言及することになっていますから、注目ですね。

跡地の利用については、主要道路(環状2号線)の建設以外はまだ白紙のようです。これからの動きにこちらも注目です!

 

関連記事

都民ファーストってどんな意味?東京都政は小池百合子知事でどう変わったか