読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれブレイク。

つれづれなるままにブレイクタイムをちょっと楽しくする話題をお届けします

【ドラゴンボール超】ピラフ一味のマイがなぜ?声優や年齢設定についても

f:id:simple_life_design:20160625170509j:plain

2015年よりアニメをスタートさせている、『ドラゴンボール超』。

そして、2016年6月から新たな章として「未来」がスタートしました。

未来のトランクスが戦う相手は、なんと悟空そっくりの「ブラック」。謎が深まるばかりのスタートでしたが、今回の注目の一つは、ピラフ一味のマイが重要人物として登場する点です。

なぜマイが出てくるのか?

そしてマイの声優や年齢設定など、マイにまつわることを中心に調べてみました!

 

スポンサーリンク

 

 

 

ドラゴンボール超の新たな章「未来」のスタート!

6月12日(日)放送 第47話
「未来からのSOS!黒き新たな敵現る!!」あらすじ

人造人間の脅威を振り払った未来の地球に新たな危機が訪れた!突如現れた一人の男が暴れ回り、人類を絶滅へと追い込む。(中略)半年かけてやっとタイムマシンの片道分の燃料を集めた時、ブルマとトランクスの前に、強敵「ブラック」が立ちはだかった!

 

引用元:「ドラゴンボール超」新章“未来”トランクス編メインビジュアル・あらすじ解禁: ニュース | ドラゴンボール超 東映アニメーション

 

舞台は、人造人間の脅威を未来のトランクスが振り払った後のことみたいですね。未来のトランクスと人造人間については、「ドラゴンボールℤ」でもフリーザ戦の後に漫画でもアニメでも描かれていますね。漫画だと28巻になります。

詳しい人はご存知かと思いますが、知らない方は是非読んでみてください。当時と設定が異なるので、知らなくても本篇を楽しむには全く問題ないとは思いますけどね。

 

しかし、当時ドラゴンボールの大ファンだった者からすると、今回の設定はどこか懐かしくて嬉しくなりますね。ああ、あの時の続きを描いてくれているんだと笑

 

その人造人間を倒した未来のトランクスにまた新たな敵が現れるというのが、今回の物語の始まりになります。そして、その敵が悟空そっくりの「ブラック」という人物。

ますます、謎が多いですが、アニメから大分遠ざかっていた私も久々に子供時代に戻ったように興味をそそられました。

 

「未来」については、視聴率も上々だったようでして、私と同じような昔ながらのファンの注目度も高かったのだと思います。

しかも当然今回も、鳥山明先生が原案を作成されているとのことですから、ストーリー展開も楽しみで仕方ないですね。

 

キーを握るのは、あのピラフ一味のマイ?

そんな、ドラゴンボール超の新章「未来」ですが、なんとキーを握るのは、あのピラフ一味のマイという女性みたいです。

ピラフ一味といえば、幼少時代の悟空から、あの手この手を使って、悟空の邪魔(?)をしてきた世界征服をひそかに企んでいたどこか憎めない存在でしたね。そのピラフ一味の中でも脇役的存在だったマイという女性が、トランクスのガールフレンドとして登場しています。

 

暫くドラゴンボールから遠ざかっていた人にとっては、なぜトランクスの彼女があのマイなんだろう?と思われると思います。私もそうでした笑。悟空が小さい頃に出ていたキャラクターが、ブルマの子供であるトランクスと恋人ってなんだか変ですよね。

 

こちらは、2013年3月に公開された映画「神と神」をみると分かりますが、シェンロンにお願いして、ピラフ一味たちは若返ったみたいです。ただ若返りすぎたみたいで、幼少期のトランクスと同年代の子供にまで若返り、色々あってトランクスの家に居候させてもらうことになりました。なんともユニークな設定ですよね。年齢も時代も関係ない、そして脇役を一気に主役にしてしまう鳥山明先生ならではの思い切った展開です笑

 

そして、そのマイと仲良くなったトランクスが大人になった世界で、謎の強敵「ブラック」と称する悟空そっくりの人物と戦うというのが今回の始まりです。

 

ちなみにマイという名前ですが、由来をご存知でしょうか?

 

ピラフ一味には他に犬のシュウがいるのですが、ピラフとシュウマイ(シュウ・マイ)という形でつけられたようです。鳥山先生らしい連想してつけるやり方ですね。

トランクスとマイの間に子供が生まれたらどんな名前になるのでしょうね。展開によってはありそうですから、注目していきたいところです。

 

スポンサーリンク

 

 

 

マイの声優は誰?気になる年齢設定も

マイの声優は今も昔も、山田栄子さんという方です。1954年生まれの方だそうですから、現在62歳ですね。

 

1979年に『赤毛のアン』のアン・シャーリー役でデビューされて、キャプテン翼やビックリマンといった有名アニメにも出演されていた声優界では大ベテランの方です。

元祖ドラゴンボールがアニメ化されたのが1986年で、その初期からピラフ一味は登場していますから、30年近くたっても同じ役として出演できるなんて素敵ですよね。しかし息の長いドラゴンボールにはただただ脱帽です。。。

 

山田さんご本人も、ご自身のツイッターで今回のマイの再登場を喜んでおられるみたいでした。

ちなみにマイの年齢設定ですが、シェンロンがどこまで若返らせたのかどうかは不明ですが、トランクス少年が7~8歳くらいですから、その同世代ということはその辺りなのでしょう。大人のマイは映画「神と神」のワンシーンで41歳と話をしているので、7歳~41歳までの役をお一人の方がされているのだから、声優の方って凄いですよね。

 

 

まとめ

遂に始まったドラゴンボール超の新章「未来」!滑り出しも好調で、昔ながらのドラゴンボールファンにとっても気になる物語になりそうです。

キーを握るのが、あのピラフ一味のマイというところも興味深いですよね。鳥山明先生の着眼点って本当に凄いなと思います。

マイの声優さんも、今後の展開に期待しているようですから、これは注目ですね。

そんなドラゴンボール超はフジテレビにて毎週日曜9時半からですので、是非チェックしてみ下さいね!

 

関連記事

未来トランクス編の次の予想は全宇宙武道大会?視聴率や主題歌もチェック【ドラゴンボール超】

全王様の戦闘力や声優!ボタンを貰った悟空やザマスとの関係は?【ドラゴンボール超】

鳥山明の年収や資産は?過去の売上実績や年齢についても